« 銀行融資の個人保証について考える | トップページ | アホ面の告白 »

銀行融資の個人保証について考える2

前回、またまた途中で途切れてしまった私のブログ。テーマは、「銀行融資の個人保証について考える」でした。あれからまた考えてみたのですが、自分は便利屋としていろんなところに足を突っ込んでいるので、ポジションが明確に出来ないで悩むところです。

代表者個人保証という制度がなくなれば、現状ではお金を簡単に借りられなくなるというデメリットはあるでしょう。個人保証をとっているんだから、それ以外はちょっと大目にみておこうという銀行側の融通性がきかなくなる。これはお金を貸すほうの心理として考えるとよくわかります。個人保証をとることにより、借り手に心理的プレッシャーを与えられる。それだけ貸すほうは安心なわけです

売掛金や在庫を担保に取っており銀行側の安全がはかれていれば、個人保証は入れないでもいいのではないかというのが旅人さんの御意見でした。確かに仰るとおりで、二重三重に経営者を縛りつけ、過度の心理的プレッシャーを与えるのには不賛成です。これらの短期的な運転資金に関しては、柔軟に対応してもらいたいというのが本音です。

ただ銀行と融資などの深い取引をする場合は、「銀行取引約定書」を交わす必要があり、個々の融資の前段階で、個人保証を入れる必要があるのですよ。この辺を流れ作業で行ってしまっている側面もなきにしもあらずです。ある程度定型化しなければ、事務がとどこおり、かえって申込者に迷惑をかけると銀行側は反論するでしょうが、これも実務を担当していた人間としてよくわかる。企業にとって、お金は血液みたいなものであって、緊急輸血しなければ倒産してしまう場面も結構あるのです。その場合、あらかじめ血液検査がすんでいて、本人の意思で先生にすべておまかせするという念書が入れてあれば病院側も家族にいちいち確認を取らなくても思い切った処置ができるわけです。

もっとベーシックな面から、個人保証を考えてみたいと思います。

私は決して個人保証という制度が、100パーセント悪いとは思っていません。銀行の窓口にすわっているといろいろな人がお金の相談にやってきます。結構、中途半端な気持ちでお金を借りようとしている人もいました。返す当てがないのに、会社を作ったのだから一応銀行から借りられるだけ借りておこうとか、見栄えのいい事務所を借りる資金が必要だからとか。まず売り上げを上げて、その中から返済資金を捻出するという考えが抜け落ちてしまっているんですね。こういう人にお金を融資すると、あの銀行が簡単に融資してくれたから、会社経営に失敗したんだと非難されることもある。(信用金庫で本当にあった怖い話)

創業社長である以上、会社と経営者は一蓮托生の存在であり、個人保証を入れて自分の会社に責任を持つという気持ちも大切です。新規開業の生存率が一割にも満たないと言われている中、背水の陣の気持ちで経営していかなければすぐに立ち行かなくなるのも事実です。

しかし現状で問題なのは、銀行融資の個人保証に、あまり選択肢がないことですね。今は、一律に融資には個人保証が必要となっている。すると、将来性があっても、失敗したときの不安が脳裏をかすめる経営者は、二の足を踏んでしまう。本来、経営者には勇気が必要でしょうが、臆病な側面もなければいけないと思います。日本のベンチャー企業の経営者が皆、ギャンブラーだったら誰も怖くて株主になんかなりたくない。

今まで日本の銀行は、このような将来性はあるが慎重な経営者を持つ企業を遠ざけてきたのかもしれません。

大事なのは、銀行が、将来性がありながらも危ない橋をわたりたくなくて停滞している中小企業に、成長のリスクを肩代わりしてやることなんじゃないかと思います。ぶっちゃけた話、お前を見込んで金を貸してやる。なんかあったら俺が責任をとる、みたいな。

でも前にも言いましたが、現状ではこれも難しいだろうな。昔は大蔵省、今は金融庁が、銀行融資について銀行経営の健全性をお題目にガチガチに枠をはめている。確かに銀行の経営がおかしくなったら、取引している利用者は困るでしょうが、枠をはめすぎても新しい有意義な発想は生まれてこない。

銀行員は、いろいろなところから監督、指導をうけています。銀行の上層部はもちろん、金融庁、日銀など。年に何回かは、これらの部署から検査、臨店という名目で徹底的に指導をうける。とくに金融庁の検査が入る店なんか、人食い鬼がやってくるみたいな上へ下への大騒ぎになる。とても斬新で清新な発想が生まれる土壌が育ちません。

そこで新銀行東京…。金融庁と互角に戦える石原都知事に期待し、銀行業界に新しい風をふきこんでもらいたい。

「法人のお客様は代表者の連帯保証が必要です」なんてかたいこと言わないで…さ。

Banner2_8 ← ブログ存続にご協力お願いします。

|

« 銀行融資の個人保証について考える | トップページ | アホ面の告白 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97372/3851380

この記事へのトラックバック一覧です: 銀行融資の個人保証について考える2:

» 銀行融資の個人保証について考える [銀行マンの徒然草・・・]
リンク: ビジベンのよろず公開講座: 銀行融資の個人保証について考える2. 最近 [続きを読む]

受信: 2005年5月 1日 (日) 00時09分

« 銀行融資の個人保証について考える | トップページ | アホ面の告白 »