« スーツでハイキング | トップページ | ブライアントな午後 »

花粉で儲ける

 昨日、「スーツでハイキング」のブログを書いたあと考えてみたのですが、これからSOHOなど自宅で仕事をする人が増えてくると思うんですよ。

 自宅で仕事をしている分にはスーツなんか着る必要がない。自宅にいると、掃除や洗濯、買い物などの家事を合間にはさみながら仕事することになるので、動きやすく機能的な服装でなければ非効率です。しかしだからと言って、仕事というものはすべて自宅だけで完結できるものではない。突発的に会社に顔を出さなければならないケース、買い物の途中で得意先からクレームが入りすぐ訪問して対応しなければならないケース、従来の慣習から言ってスーツを着なければ仕事にならない部分は結構ある。

 最近、ビジネスシューズにウォーキングシューズの機能を兼ね備えた商品がヒットしているそうですね。ビジネスとウォーキングのコラボレーション。たくさん歩けば数多くの顧客とコミュニケーションが図れ、なおかつ健康になる。一石二鳥の効果を狙って買い求めるビジネスマンも多く、多くの靴メーカーが新商品を開発して参入していると聞きました。

 さて、スーツの分野でも機能的スーツは数多く商品化されています。しかしまだ、家事兼用スーツは開発されていない。昨日私が指摘したハイキング兼用スーツだってまだない。自転車通勤をしているサラリーマンは結構多いと聞きます。それなのにサイクリング兼用スーツもありません。中高年の健康志向から登山やトレッキングがブームなのに、登山兼用スーツ、トレッキング兼用スーツだってないのですよ。そして21世紀は宇宙開発時代です。国際宇宙ステーションの宇宙飛行士だって、各国から派遣された大使としての役割も必要です。それなのにフォーマルな場に出て行くための宇宙服兼用スーツがありません…。

 いつまで書かせるんじゃ~、誰かツッコミ入れてくれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ~!!

 すいません。つい調子にのって悪ふざけしてしまいました。言い訳をするわけじゃないのですが、おとついハイキングへ行ってからすごく体の調子が悪いのです。

 原因は花粉症…。

 飛散の時期はもう完全に過ぎているらしいのですが、郊外はまだ花粉が多く飛び交っているようですね。おとついきのうと結構風も強かったし。

 今年大活躍した花粉症の薬も全部飲みきってしまい、いまさら薬を買いに行く気もせず、ひたすらティッシュ片手に涙目でブログを書いています。

 でも今年は、花粉さまのおかげでお金をもらうこともできました。花粉症の治験に参加して、約10万円ゲットしたのですよ。花粉症の症状が出るまでほかの薬は飲めず、おかげで風邪をひいてもただひたすら自然回復を待つという苦しい思いはしましたが、お金をもらったらそれも吹っ飛んでしまいました。

 今まで十数年間、毎年苦しめられてきた花粉症に一矢報いたという感じです。

 治験が終わってから、さてまた例年通り耳鼻咽喉科へ行こうかなと思ったのですが、どの医院も花粉症患者様ご一行で大賑わい。途中から参戦するのもはばかられ、今年は市販の薬で対処することにしました。

 最近はいい花粉症グッズがたくさんでていますね。まず超立体マスク。在庫が空っぽになるくらいヒットしたそうですが、確かに呼吸が楽。私なんか、毎晩マスクしたまま寝ていました。花粉ガードは、衣類に付着した花粉がはじけないようにするらしいのですが、確かに効いたような気がする。(←ちょっと比較する資料がないので確かなことはわかりませんが…)

 市販の薬も結構効きますね。マツキヨの特売セールで買った、ストナリニ。1日1錠でいいのと、24錠入って千円以内で買えるという魅力にひかれて購入しました。確かに仰るとおりで、これを飲むと一日中くしゃみや鼻水から開放されました。この値段でこんなに効いたら耳鼻科が廃業するよ、というくらいよく効く。ただひとつ問題なのは、眠くなること。しかも朝飲むと決まって昼食後の30分眠くなる。その眠さたるやもう壮絶で、歩きながら眠るという芸当もできるぐらいです。

 あっ、そういえば先日、間違った道を教えてしまったときも、薬を飲んでボーっとした状態で歩いていたっけ…。

 そのときの状態に興味のある方は、こちらをご覧ください。

|

« スーツでハイキング | トップページ | ブライアントな午後 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97372/3946691

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉で儲ける:

« スーツでハイキング | トップページ | ブライアントな午後 »