« 「3」にまつわるエトセトラ | トップページ | 大富豪クロニクル »

新・普通の人が頭をよく見せるための法

 こんばんは。

 今日は一日、埼玉県のとある都市へ出かけていたので、夜の更新です。

 
 昨日、ブログに書いたのでやっと「スーパースリー」の

 ♪ラリホー ♪ラリホー ラリルレロ~ ♪ラリホー ♪ラリホー ラリルレロ♪
 
 …の耳鳴りが消えました。

 おかけで今日は少し真面目に書けそうです。 

 さて、おとといとその前、「普通の人が頭をよく見せるための法」について書きました。

 今までは会話を中心にお話しましたが、今日はおもに文章で頭のよさを印象づける方法。

 …といって、私の日記の文章を読んで全然頭よさそうに見えないじゃん、と苦情を言われても困るでござりまする。

 あくまで一般論として、多胡輝氏の「好印象を与える自己表現術」という本に書いてありますので。

 でも、元新聞記者や名文家といわれる作家の書いた文章術の本をいろいろ読みましたが、これから書くことは、いい文章を書く上において間違ってはいないと思いますよ。

 ただ私が、それらの本に書かれているコツを会得していないだけですので悪しからず。

 さて、ジタバタと見苦しく保険をかけておいて、普通の人でも頭がよく見える文章のコツを行きましょう。

 上記の本の中には、以下のフレーズがあります。

● 頭のよさを印象づけるには、文章も会話もセンテンスを短く切る。

 でも、なんか違和感がありませんか?

 大学教授の書いた論文は、意味不明にセンテンスが長い場合がありますし、芥川賞受賞作のなかには、1ページにもわたって句読点のない作品がありましたっけ。

 学術論文は読みにくさというか、崇高さがひとつの売りになっており、作家の場合は新しい表現方法を模索したのでしょうかね。

 もともと頭がいいというレッテルの貼られている人が使うのであれば、何を言っても、また何をやっても、大目に見てもらえる状況は無きにしも非ず。

 それはともかく、文章のわかりやすさを研究した実験があるそうなんですよ。

 ある4コマ漫画を何人かの人に見せ、それを文章化させた。

 そしてその文章を別な人たちに読ませて、わかりやすいものとわかりにくいものを選んでもらったそうです。

 すると、センテンスが短いほどわかりやすく、長いほどわかりにくいという結果が出たそうです。

 なぜかというと、短いセンテンスは、主語と述語が離れていないから、頭の中に入りやすい。

 しかも、文章全体のテンポが早く、歯切れもいいので、スラスラ読めるのだとか。

 だからわかりやすい文章は、読む人にさわやかさを与えると同時に、書いた人の頭のよさを印象づけるのですね。

 私がいつも、読みやすくて、物語の世界にすぐ入り込めるのが、司馬遼太郎氏の文章。

 読まれた方はおわかりだと思いますが、センテンスが非常に短く、テンポがいい。

 誰でもスラスラ読めるし、意図的に難しい漢字を使うときを除いて、ひらがなもわりと多いですね。

 偉い大学の先生の書いた小難しい論文とは対極にありますが、誰も司馬氏が頭が悪いからこんなやさしい文章しか書けないとは思わないですね。

 変に自分を偉く見せようとしない自信が文章から伝わってきます。

 これは文章だけではなく、話し言葉についても同じですね。

「~だからぁ…」とか「~ですけど、~」とか、「~でもって、~」など、ダラダラ話がつながっていくと、「一体あなた、何がいいたいの?」とさえぎって聞きたくなる。

 そのいらだちが、相手に対する不快感に転じることってありますね。

 ま、言ってる本人が、何を話しているかわからないような話し方自体、相手から頭が悪いんじゃないかというマイナスイメージを与えてしまう。

 私事で恐縮ですが、私が最初、日記に徒然なるままに書く文章は、すごくセンテンスが長いんですよ。 

 以前ふざけて日記の中で、異常にセンテンスの長い文章を書いたことがありました。そのとき、すごく楽でした。

 接続詞の「~ですが、」という形で続けるのは、すごく楽なのですね。でも、あとで読み返してみると、冗長で、だらだらした文章になっている。

 推敲はほとんど、長くなっている文章を途中で切って、短いセンテンスの文章に直す作業といっていいのかもしれません。

Banner2_8 ← ブログ存続にご協力お願いします。

|

« 「3」にまつわるエトセトラ | トップページ | 大富豪クロニクル »

「ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97372/7044516

この記事へのトラックバック一覧です: 新・普通の人が頭をよく見せるための法 :

« 「3」にまつわるエトセトラ | トップページ | 大富豪クロニクル »