« 続・会議の場で有能さを印象づける法 | トップページ | 「痛み」にまつわるエトセトラ »

口内炎クロニクル

 こんにちは。

 先日の日記に書いた口内炎のこと。

 おかげさまで、ビタミン剤を飲んだり、よく寝たりして少し良くなりました。

 口内炎はたまになるので、あまり気にしていないのですが、今回は少し参りました。

 下唇の右端の裏側に直径1センチの炎症。

 それが月面のクレーターのように大きくえぐれているのですよ。

 もう痛いのなんの…。

 話すのも食べるもの唇を動かしますよね。動かすたびに擦れて痛いのはもちろん、唇を閉じても上唇と擦れて痛い。

 しかもそれだけじゃありません。歯ぐきと舌の裏側にも口内炎が…。

 夜寝ていて、痛くて目覚めたのは久しぶりです。

 以前、歯科医師に口内炎って、どうしてなるのか聞いた事があるのですよ。

 そのときは、口内の不衛生が原因だと言っていましたが、なんとなく納得できない部分もある。

 いかにも口の中が清潔そうな女性もよくなるそうですし…。

 ストレスが原因だとも聞いた事がありますね。胃潰瘍と同じようなものなんでしょうか。どちらも同じ消化器ですから。

 医学用語では、「アフタ」というらしいですね。ビタミン不足なのでしょうか。

 以前、予防のためにチョコラBBを毎日、数年間にわたって飲んでいたのですが、それでもできるときはできました。

 どなたか発生のメカニズムを教えていただければ幸いです。

 ところで今回のオイラの口内炎。

 唇に関しては、外的要因です。

 ホットドックを大口開けて食べようとして、一緒に唇を思いっきり噛んでしまったのです。

 血が出て、「あっ、やばい。口内炎になる」と思ったら案の定なりました。

 でも、歯ぐきと舌の裏の口内炎は、疲労の影響だろうかと自己診断しています。

 それが同時に起きてしまった。

 今回は、「同時多発口内炎」と言ったら、いいのでしょうか。

 でも、10年前、今回以上の大惨事に見舞われたことがあります。

 歯科医院で親知らずを抜いたんですよ。

 女医さんだったのですが、信じられないくらい荒っぽい。

 もう、くぎ抜きで古くぎを抜くみたいな感じ。別な場所の歯ぐきから出血するし、口の端まで傷つけられました。

 やがて口の端に直径1.5センチの口内炎が左右2つ。

 痛くて、口が上下に2センチくらいしか開かなくなってしまいました。

 時間差でできたので、両方治るまで、1週間くらいは口を大きく開けなくて食べられる麺類ばかりを食べていましたね。

 でも口内炎の痛い時期って、せいぜい3~4日。

 実は、なんもしなくてほっておいても治る。

 だから副腎皮質ホルモンの軟膏を口内炎に塗れば1~2日で治るのがわかっていても、我慢してしまう。

 しかも、今はどうか知りませんが、この軟膏を買ってもなぜか水分だけ流れ出して、すぐ使い物にならなくなる。わりと高い薬ですし…。

 それで昔から自分なりの対処法をいろいろ研究しました。

 口内炎というくらいだから、炎症が起きているわけですよね。

 なら傷口を殺菌すればいい。

 殺菌作用のある食べ物でまず思いつくものは、わさび。

 ( 実験その1 )

 口内炎の患部に、家庭用のチューブ入り本わさびを塗ってみました~♪

 ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~しみるぅぅぅぅぅぅぅ~

 涙目になりながら、これだけ強烈な刺激があったんだから効くだろうと思ったものの、さほど効果なし。

 次に思いつく殺菌作用のあるものは、塩。

 ( 実験その2 )

 塩でもよかったのですが、ちょっと味気ないので、梅干でためしてみました~♪

 ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~しみるぅぅぅぅぅぅぅ~

 効果があるもないも、痛すぎて鼻水がでてきたので中止。果たして効果はあるのでしょうか。

 みなさんは真似をしないでくださいね。

 今は、こんなバカなことはしませんよ。

 上記は10年以上前の話。

 ところで昨日は、座談会を掛け持ちしなければならなかったので、当然、よくしゃべる必要がある。

 薬を塗ってもすぐ治るわけではないですから、バファリンで痛みを抑えるだけ。

 それでも、しゃべるとかなり痛かったので、必要以上にはしゃべりませんでした。

 いつもなら、ペラペラしゃべりすぎて墓穴を掘ることもあるんですけどね。

 でもしゃべらないと仕事をしていないと思われる。

 そこで、先日の「会議で有能さを印象づける法」が役立ちました。

 まず口火を切るのと、方向性を位置づける話題の提供、最後さりげなく意見をまとめる。

 時間的には、ほかの参加者の半分も話さなかったですが、有能さは別として、まわりの人の印象には残ったみたい。

 違う座談会の掛け持ちは生まれて始めての経験でしたが、なんとかポロを出さずに謝礼を握り締めて帰ることができました。

 ところで、薬以外で口内炎に効くものがあったのですよ。

 実験というより、本で読んで自分でためしてみて実証できたものが。

 今回は家になかったので、使うことはできませんでした。

 他の家の軒先によくあるので、黙って使ってやろうという衝動にかられましたが、泥棒になりますもんね。

 それに関しては、また次回。

Banner2_8 ← ブログ存続にご協力お願いします。

|

« 続・会議の場で有能さを印象づける法 | トップページ | 「痛み」にまつわるエトセトラ »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

口内炎にはハチミツを塗るといいですよ。

投稿: オンラキ | 2011年7月 2日 (土) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97372/7279246

この記事へのトラックバック一覧です: 口内炎クロニクル:

« 続・会議の場で有能さを印象づける法 | トップページ | 「痛み」にまつわるエトセトラ »