« 東京モーターショーをゆく (ホンダ、日産編) | トップページ | 脳塞栓はどんな病気か。医師と女子高生の会話から »

東京モーターショーをゆく (トヨタ、日産編)

 こんにちは。

 今日はいい天気ですね。

 昨日歩き続けて疲れているのに、また、日中は取引先を訪問していました。今月は、最先端医療の現場レポートも書かなければいけないし、忙しくなりそうです。

 ところで、おととい中途半端になってしまった記事をはやく書かなければ、東京モーターショーが終わってしまう。

 11月6日(日)までですよね。

 それではさっそく、おとといの続きから。

 日産の忘れてはならない注目のコンセプトカーは、PIVO(ピボ)という車です。

 一番の特徴は、キャビンの向きが前後に変わること。

 つまり運転席がぐるっと180度回転して、前が後ろに、後ろが前に変わることができる。

 ボンドカーみたいな発想ですね。そういえば昔、こんな車があったら面白いとふざけて友達と話したことがあります。

 まさかホントに実現できてしまうとは思いませんでした。

 下のプラットホームの上に大き目のボールが載っていて、それが回転できるという形なのでしょうが、技術的にはとても難しそうに見えます。

 キャビンの位置をプラットホームと直角にもできるから、その形を真横から眺めると、福助がお辞儀をしているよう。

 上でまわるキャビンの下部に目盛りがついているから、いろんな角度で止まることができるのでしょうか。

 ホントは、写真でご紹介できればよかったのですが、すごい人だかりで、最前列はカメラ小僧オヤジに独占されていました。

 だからいいアングルで写真が撮れなかったのです。

 カメラ小僧たちはいいアングルで、コンパニオンのおねーさんをバシバシ撮っていたのですが…。

 それはともかく、この車が街で、キャビンをクルクル回していたら注目を集めると思いました。

 どうしょうもないくらい狭い道の先端にある駐車場でも、この車なら車庫入れが簡単にできそう。

 入れることさえできれば、くるっとキャビンをまわして後ろが前になる。

 運転席をはさむように斜め後方に2つの助手席があるというシート形状も面白い。

 三角関係の男女がドライブへ行くとき、誰が助手席にすわるかでもめる心配がありません。

 さて、最後にトヨタのブース。

 ここのカラーコンセプトは、白ですか。

 個人的には、「2001年宇宙の旅」の宇宙船のようなイメージをうけました。(あくまで個人的意見ですよ)

 ここは、そうですね。ホンダが赤でチャレンジ精神をアピールしている「動」に対し、王者の貫禄の「静」ですかね。

 ここも階段で2階にあがれるスペースがあるのですが、全体として統一感といったものは感じられない。

 未来的なイメージの展示場を作っていますが、展示の仕方は晴海会場時代を髣髴とさせるところもある。

 新車を載せた台の上で、コンパニオンがニコニコ笑いながら立っている構図はまさにそれですな。

 王者トヨタにしては、少し守勢にまわったかな、という感じ。

 多少ほっとする側面もありますが…。

 それはともかく、トヨタにも日産の「PIVO(ピボ)」と同じような発想のコンセプトカーが展示されていました。

「Fine-X」という車です。

 両社とも、コンセプトカーのコンセプトは、狭い場所でも駐車が簡単というところにあるのでしょうか。

 実際、都会では車を止める場所を探すのに一苦労しますから、ドライバーのニーズに合っている。

 日産は運転席のコックピットがぐるっと回転するのに対し、トヨタは車輪の動き方の固定観念を破ったというところが新しい。

 ところでこの車。

 見た目は普通のコンパクトカーなんですよ。

 ところが、デモンストレーションで奇怪な動き方をしたとき、観客から「おお…」というどよめきが聞こえました。

 なんと説明したらいいのかな。これは見たほうがわかりやすい。

 ちょうどフィギアスケートの選手が、後ろ向きに滑るような格好といったらいいか…。

 だからその場で、スケートみたいに車がクルクル回転することも可能。

 の動きができれば、縦列駐車のときに切り返しが一切いらなくなる。従って、車の全長分のスペースが開いていれば、路肩に車を止められるのでしょうね。

 なぜそんな奇妙な動きができるかというと、4つの車輪のホイール内にそれぞれ電動モーターを内蔵したからとか。

 電気自動車でなければできない動きですね。

 面白さと発想の豊かさは日産ですが、実際公道で威力を発揮しそうなのは、「Fine-X」のほうかな。

 でもまだどちらが力を発揮するかわかりませんよ。

 2年後のモーターショーでの両社のガチンコ対決が楽しみです。

Banner2_8 ← ブログ存続にご協力お願いします。

|

« 東京モーターショーをゆく (ホンダ、日産編) | トップページ | 脳塞栓はどんな病気か。医師と女子高生の会話から »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97372/6857067

この記事へのトラックバック一覧です: 東京モーターショーをゆく (トヨタ、日産編):

« 東京モーターショーをゆく (ホンダ、日産編) | トップページ | 脳塞栓はどんな病気か。医師と女子高生の会話から »