« 迷っているお客さんを説得する法 | トップページ | 心に残る東京23区内絶景スポット、ベスト10 »

自分が望むものを他人から得る一番の方法

こんにちは。

 皆様、お正月はいかがお過ごしでしょうか。

 お正月なのに仕事の話のブログを書くあまのじゃくにお付き合いいただいてどうもありがとうございます。

 なんか、正月に勉強している受験生みたいですが、たまにはこういうお正月もいいかも。
 

 さて、昨日に引き続き、ロバート・コンクリンの『説得力』から。

 この本の中で、私が一番忘れられず、また営業マンとしてだけでなく、人としてこうありたいと思わせる営業法則のことがあるって書きました。

 たぶん、この本の著者が一番言いたかったは、次のフレーズなんでしょうねぇ。

● あなたが望むものを他人から得るには、他人の望むものを彼らに与えればそれだけ、彼らはあなたに、あなたの望むものを与えてくれる。

 なんか哲学問答みたい。

 この本は、こんなフレーズでずっと書かれているもんだから読みにくいんですな。

 言ってることは簡単なことなんですけどね。

 簡単なんだけど、これを人生の指針として徹底してやり続けることって簡単じゃない。

 よーするに、営業マンがお客さんに、自分の会社の商品を買ってもらいたいなら、お客さんが望んでいることをまずかなえてあげなさいよ、って言っているんでしょう。

 売る前に、お客さんが望むものを彼らに与えなければならない。

 その逆ではダメですよ、ってことなのですね~。

 そのためには、お客さんが望んでいるのが一体何なのか、知る必要があります。

 これが本の中で何度も出てくる顧客ニーズというもの。

 それに応えていくのが、いい営業マンなんだと結んでいます。

 確かに、私の知っているトップセールスマンたちは、方法はどうあれ、皆この要素を持っている。

 私にかつて保険を売りつけた営業マンは、当時パソコン初心者で、途方に暮れていた私に助けの手を徹底的にさしのべて、契約を結ばせました。

 プロバイダの設定やインターネットの接続の仕方など、全部、数日にわたって手取り足取り教えてくれたのですよ。

 その間、一度も保険のセールスはされなかったのですが、最後はこちらから、「入るよ。入りますよ」っていう気分にさせられてしまった。

 コンサルタントの大親分みたいな船井総研の船井幸雄氏も同じことを仰ってます。

●「ギブアンドテイク」ではダメ。今は、「ギブアンドギブ」だ、と。

 つまり、お客さんから見返りを期待して営業するのはまだ甘い。

 お客さんが望むものを見返りを期待しないで与え続けろ、ってことですか。

 まさに、聖人君主! だから、あれだけ大きなコンサルティング会社を作ることができたんだろうな~。

 それはともかく、元総理の竹下登氏の「かしかり帳」も有名な話です。

 何でも竹下氏は、若い頃から、周りの人たちを助けたり、困っていることに応えたりすると手帳に「貸し」と記入したんだそうな。

 そして知り合い全員に「貸し」という形になるように頑張ったとか。

 背が低いし、どちらかというと押しが強いタイプでもない竹下氏が総理大臣に上り詰めたのも、「ギブアンドギブ」の精神を貫いたおかげなのでしょうか。

 営業で、このギブアンドギブの精神を使うとしたら、どんなことが考えられるでしょうか。

 私は、上記の人たちほどすごくはないですが、それでもいろいろ考えてやったことがあります。

 たとえば、ギブアンドギブの精神を理解してくれるお客さんだと思ったら、

 ●お客さんの会社の業界情報や景気動向、近隣情報などのお得情報を持ってゆく。

 ●困っていることがあれば相談に乗る。

 ●記念硬貨が出たら銀行に並んで両替し、持って行く。

 ●取引先の企業を紹介する。

 ●プライベートの旅行へ行ったときのお土産や会社の粗品を持って行く。 など。

 ポイントは、すぐ見返りを求めないということですね。

 たとえば、どうしても深耕したいお客さんの場合、6ヶ月間、そのお客さんは営業するのをやめようと思う。

 そしてその間ずっと、上記のことを行って、恩を売り続けるのです。

 最後はお客さんの方で不安になってくるみたい。そして機が熟したと思ったら、その会社を訪問する。

 そして、社長さんに、

「今日は、社長さんに折り入ってお願いしたいことがあって参りました。実は…」

 と、真剣な表情でお願いするのです。そのときの社長さんたちの顔は、心なしかほっとした表情だったのを覚えています。

Banner2_8 ← ブログ存続にご協力お願いします。

|

« 迷っているお客さんを説得する法 | トップページ | 心に残る東京23区内絶景スポット、ベスト10 »

「ビジネス」カテゴリの記事

コメント

貴殿の仰ることごもっともと思いますが、
開発エンジニアとして顧客に採用されるか
どうかぎりぎりの折衝で体を張る者と
しましては、机上の空論、いかにも虚業と
しか思えないところが申し訳ないです。

投稿: h・s | 2006年1月 3日 (火) 03時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97372/7960121

この記事へのトラックバック一覧です: 自分が望むものを他人から得る一番の方法 :

« 迷っているお客さんを説得する法 | トップページ | 心に残る東京23区内絶景スポット、ベスト10 »