« 龍ヶ崎 ウォーキングストーリー | トップページ | 脳こうそくの診断は首も診るって、ホント? 医師と女子高生の会話から »

会議で、周りから思慮深く見られる法

 こんばんは。

 もう気かついたら、9月ですか。

 ホントに日が経つのは早いです。

 学生のときみたいに、明日から学校で憂鬱~ということはありませんけど、去り行く夏に多少感傷的な気分も感じます。

 今年の夏は、例年と比べて、いろいろな経験をしましたから。

 まず、社交ダンス。そして、バンジージャンプ。

 壁を駆け上がり、摩天楼をひとっ飛び。それから、さる大名家への仕官活動。日本人武道家とカンフーで対決。また、異星人との戦争や連続殺人事件に遭遇したことも。

 東京タワーに巣を作ったギャオスに対して、ガメラとともに戦ったこともありましたっけ。

 ホント、盛りだくさんの夏でしたね~。

 
 もうお分かりだと思いますが、これ全部、オイラがこの夏に見たDVD。

 実は、夏の初めに新しいパソコンを買ったのですよ。

 その名は、東芝ダイナブック。

 CPUが、インテルセルロンM。メモリが512MB。ハードディスクが100GB。DVDスーパーマルチドライブで、ディスプレイが15.4型ワイドのスーパークリアビュー液晶です。

 いつも安い商品ばっかり買っているオイラとしては、わりと奮発したほうかも。

 でも、まともには買いませぬ。

 2006年の春モデルを在庫がなくなる寸前まで待ち、メーカー直販サイトのプレミアム価格で購入することができました。

 なんたって、価格コムの最安値より、1万円も安かったのですよ。

 そのパソコンで今年の夏はDVDを見まくりました。

 近所の図書館ではDVDの貸し出しもやっていて、一週間に2本まで借りられるのです。

 最初に見た、寺尾聡主演の「雨あがる」の映像がきれいで、物語もほのぼのとしていてすっかりはまってしまいました。

 社交ダンスは、役所広司と草刈民代の「シャルウィダンス」。バンジージャンプは、イ・ビョンホン主演の韓国映画、「バンジージャンプする」。

 それから、「キャット・ウーマン」や「スパイダーマン」、「インディペンデンス・デイ」、「ハスラー」なども面白かった。

 知り合いがなぜ突然、社交ダンスをはじめたのか、「シャルウィダンス」を見てはじめて納得がいきましたね。

 草刈民代さんの立ち姿は、とてもきれいでしたから。

 ハリー・ポッターのシリーズも、いつか借りたいと野望をいだいています。

 それはともかく、ビジネスネタ。
 
 今日は、会議で、できる自分をアピールする方法をアトランダムに上げていきたいと思います。少しテンポを早め、サクサクいきましょう。

 …ということで、会議で好印象を与える自己表現術のその7。
 
● 相手の質問には、一呼吸おいてから答えると、思慮深く見える。

 これは、自分が発言した内容に対して、反論があった場合に効果的ではないでしょうか。

 かつて見たアメリカ映画、『評決』の中で、ポール・ニューマン扮する酔いどれ弁護士が、検事に反論されると、じっと黙って検事を見つめ、一呼吸おく。

 独特の理知的な額にしわを寄せ、「困ったことを言う人だ」というように青い目で見ながら考え込むんですよ。

 当然評決だから、一般人の陪審員が彼の表情をじっと見ている。

 これが、検事の反論にすぐ飛び上がって、立て板に水のようにまくし立てていたら軽薄な印象は免れないでしょうね。

 積極的に論戦に持ち込む法廷戦略もあるかもしれませんが、やはり重要事項は、じっくり考えてから反論した方がいい。

 いわゆる、間の取り方。

 落語でも、会話でも、間の取り方が大事だとよく言われます。

 これがうまくいくと、確かに重厚で思慮深い印象を、人に与えることも可能ですね。

● 自分の専門分野について話すときは、専門用語を使わないようにしたほうが好感を与えられる。

 これも結構、大事だと思いますよ。

 会議の出席者のなかには、議題に関連する専門家が一人でもいれば当然、意見は重要視される。
周りの人たちが皆素人の場合、尊敬の目で見られるかもしれませんね。

 ところがその専門家が、自分は専門家であるとの自意識が働いて、他の素人の出席者を軽んずるような振る舞いがあると、その立場は一転します。

「少しぐらい知ってるからって、態度がでかすぎる」というのは当然としても、「専門用語ばかり使って、言ってることが全然わからない」と思われることは決して珍しくない。

「わざと、わからないような言葉を使って、会議の方向を煙に巻こうとしている」なんて思われたりしたら、逆に素人からのしっぺ返しがあるかもしれません。

 しかし、ホントは専門家って、そんな気持ちなど全然ない場合が結構ある。

 要は、専門家が常識だと思っていることが、素人には常識ではないというだけなのかも。

 人間というのは、自分の知っていることぐらい誰でも知ってるはずだと思ってしまう生き物らしいですから。

 それでも、素人のひがみにあってはたまりません。

 やはり、会議の場では、出席者の誰でもわかる言葉で話すのが鉄則です。

 
● 会議で、相手の話を熱心に聞いているふりをするには、メモをとるのもいい

 以前、ビジネス教育の研修会社の講師として、定期的に講演を行ったことがあります。

 いざ参加者の前に立ち、講演を行っていると、わかるんですよ。ちゃんと真面目に聞いてくれているのかどうかが。

 前を向き、下を向いてレジュメに目を落としているように見えるんだけど、微動だにしない参加者がいる。完全に固まっちゃってる。

 目を開いたまま寝てるのか?

 どーせ、面白くないっすよ、オイラの話は…。と、腹をたて、当てて恥をかかせてやろうかと思うのですが、それもかわいそう。

 連日、午前様になるまで、残業があるんだって。

 研修にくるときぐらいゆったりした気持ちになりたい気持ちもわかる。

 ところで、さっきから熱心にメモを取っている若手の参加者。

 それだけでも前向きだなと感じられます。

 でもあとで聞いたら、予定していた参加者が急用で来れなくなり、メモだけ取ってきてくれと新入社員に頼んだのだとか。

 メモをしっかり取らないと怒られるのですと、泣きそうな顔で言っていました。

 しかし最後の質問コーナーで、目を開いて寝ていたと思った参加者から、鋭い質問が来たんですよ。

 ちゃんと聞いていなければ、できないような質問が…。
 
 完全に固まった状態で講義を聞くのが、彼のスタイルだったのでしょう。

 しかし、あれはどう見ても、寝ているとしか思えなかった。

 オイラじゃなければ、怒った講師もいたかもしれません。

 講義の聞き方もそうですが、会議へ参加する人たちに、こちらの取り組み姿勢の「見せ方」も大事だと思うんですよ。

 次回は、その辺りを中心にご紹介したいと思います。

Banner2_8 ← ブログ存続にご協力お願いします。

|

« 龍ヶ崎 ウォーキングストーリー | トップページ | 脳こうそくの診断は首も診るって、ホント? 医師と女子高生の会話から »

「ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97372/11732546

この記事へのトラックバック一覧です: 会議で、周りから思慮深く見られる法:

« 龍ヶ崎 ウォーキングストーリー | トップページ | 脳こうそくの診断は首も診るって、ホント? 医師と女子高生の会話から »