« 脳出血の治療って、どんなことするの? 医師と女子高生の会話から | トップページ | 都立長沼公園から平山城址公園 ウォーキングストーリー »

わかりやすい文章を書く法

 こんにちは。

 体組成計を買っちゃいました~♪

 といっても、どんなものかピンと来ない人が多いのでは。

 オイラも、売り場へ行ってはじめて聞いた言葉でした。

 「体組成計、現在20パーセント、ポイント増量中」と、健康器具売り場にデカデカと表示されていたのです。

 体組成計って何?と売り場のおねーたんに聞いたところ、「それはですね。インナースキャンです」という返事。

 余計わからなくなったのですが、パンフレットを読んでやっと納得できました。

 よーするに、体を構成する脂肪や筋肉、骨、水分ごとに体重との比率をはかることのできる器械みたい。

 ホントは、スーパーに体重計を買いに行ったのです。

 理由は、最近、ウォーキングをしていて、どうも体が重く感じるので。

 体重がもしかして増えているのではないか、と…。

 でも、内臓脂肪まで量れるというフレーズに、ビビビと来てしまいました。

 今や、内臓脂肪は諸悪の根源みたいな扱われ方をしていますからね~。

 メタボリック・シンドロームなんて、ハンカチ王子と今年の流行語大賞を争うのではないか。

 ポイント対象商品だったので新しくカードを作り、それを使って「歩数計」も購入。

 お散歩ネタのとき、歩数も記載できたら励みになりますよね。

 …ということで家に帰り、さっそく体組成計で量ってみました~♪

 がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~ん。

 なんじゃこりゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~ 
( ← 松田優作でお願いします)

 やば…。

 こんなにいつも歩いているのに…。

 この世に神はいないのか。

 見た目は、それほど太っていないと思っていたのですが、内臓脂肪が「やや過剰」とのこと。

 ウエストだって、ぎりぎり70センチ台を維持しているのですよ。

 しかし、体重はベストから3キロ以上オーバーでした。

 意味のよくわからない基礎代謝の体内年齢だけは31歳でしたが、それも焼け石に水。

 今度、「メタボリック・ビジベン」とニックネームを改名しようかしらん。

 寝る前に、チョコやスナック菓子を食べる習慣があるので、それがいけないのでしょうね。

 でも、お腹がいっぱいでないと寝られないという動物みたいな習性があり…。

 再び空中殺法が使えるようになるまで、茨の道を歩むことになりそうですが頑張ります。

 それはともかく、文章ネタ。

 今日はまた前回の続きです。

 だらだらした長い文章と、きりっと個性的な長い文章との違いとは何か。

 その違いについて、今日は少し文法的な解釈を…。

 とかなんとか、えらそーに言ってしまいました。 

 中学・高校時代のオイラの国語の先生が聞いたら、脳こうそくを起こしてしまうかも。

 本を読むことは大好きでしたが、文法に関してはまったくの落第生でしたから。

 主語や動詞、修飾語までは何とかわかるのですが、副詞とか出てくるとまるでわからない。

 でも、本を読むときは、文法を考えながら読む人はあまりいないでしょうし…。

 と、開き直って、以後書きたいと思います。

 文法はわからないですが、経験上、読みやすい文章か、そうでない文章かの違いは多少わかります。

 たとえば、何を言いたいのか考えてしまう文章は困りますな。

 例をあげると次の文章…

 Aさんはベンツに乗って商品を運ぶビジベンをだまって眺めていた。

 どう解釈しますか?

 この場合、ベンツに乗っているのが、Aさんかビジベンかわからないっす。

 どちらの意味ともとれますから。

 こういう文章だと、そのつど考え込んでしまうからすらすら読めませんね~。

 でも、オイラがベンツに乗ることはありえないから、日頃の所業から類推することは可能ですが…。

 それはともかく、この場合、修飾語がどの述語にかかるのか、あいまいなんですよ。

 だから、意味がわからなくなってしまう。

 専門的には、「商品を運ぶビジベン」という連用節をそれがかかる述語のすぐ前にもってくるといいらしい。

 つまり…

 Aさんは、商品を運ぶビジベンをベンツに乗ってだまって眺めていた。

 これなら、誰も誤解しないでしょうね。

 しかし、これもちょっと冗長な表現かも。

 そんな小難しいことをしなくても、一発でわかりやすい表現に変えることは可能です。

(使用前) Aさんはベンツに乗って商品を運ぶビジベンをだまって眺めていた。

      ↓

(使用後) Aさんはベンツに乗って、商品を運ぶビジベンをだまって眺めていた。

 つまり、「、」の読点をタイムリーに入れるだけで、一瞬にして読みやすい文章に変わるのですな。

 でも、ネットの文章からしたら、これでもまだ読みづらい。

 オイラだったら、二つのセンテンスに分けたくなる。

 たとえば…

 Aさんは、ベンツを車道に止めた。そして、汗水たらして商品を運ぶビジベンをだまって眺めていた。

 これだと、多少臨場感と悲壮感が演出できるかも。

 長い文章を短いセンテンスに分けると、表現の仕方にもいろいろなバリエーションが加えられますね。
 

 ところで、だらだらした長い文章と、きりっと個性的な長い文章との違い。

 文章のリズムの違いも、結構あるのではないか。

 長くても、意味がさらりと違和感なく入ってくる文章はリズムがいい。

 それは読点の打ち方がうまいのではないか、と…。

 先ほども書きましたが、読点は文章の中で大きな役割を果たしていると感じます。

 でも、文章のなかでどこに読点を打つか、というのはなかなか難しいですよね。

 小学校から数えて、もう何十年も文章を書き続けているオイラでも、どこへ打ったらいいか、いまだによくわからない。

 一般的に、読点「、」は次の状況のときに打つそうな。

● 意味を正確にするため

● 文章の呼吸を整えるため

● 同じような言葉が並ぶとき

● 文章のまとまりを作る

● 二つの文章をつなげるとき

 それだけじゃ、なかなかわからないですよね。抽象的で…。

 わからないときは、声に出して自分の書いた文章を読んでみると、自然にわかることがあるそうです。

 このテクニックは、いろんな本や文章の先生が言っていますね。

 「声に出して読みたい日本語」という本が、少し前に注目されましたが、名文は声に出して読んでみたいと思うものかもしれません。

 すると読点は、音楽でリズムを刻むために重要な、ドラムみたいな働きをするものかと思ったりして…。

Banner2_8 ← ブログ存続にご協力お願いします。

|

« 脳出血の治療って、どんなことするの? 医師と女子高生の会話から | トップページ | 都立長沼公園から平山城址公園 ウォーキングストーリー »

「学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97372/12198048

この記事へのトラックバック一覧です: わかりやすい文章を書く法:

» ■ メタボリックシンドローム (内臓脂肪を減らす) [ダイエット(メタボリックシンドローム)]
体脂肪には 「 皮下脂肪 」と「 内臓脂肪 」があります。 皮下脂肪は、皮膚のすぐ下にある脂肪のこと、内臓脂肪は、内臓の周囲につく脂肪のことです。 皮下脂肪については、「皮下脂肪型肥満」を参照ください。 内臓脂肪は、腹筋の内側(内臓の周囲)に付いた脂肪ですが、これは、血管に入り込みやすく、生活習慣病の危険因子といわれています。 また、女性よりも男性に蓄積しやすく、加齢と共にさらに蓄積しやすくなるという特徴があります。 人は、体脂肪という形で、エネルギーの備蓄機能(飢餓状態になっ... [続きを読む]

受信: 2006年10月12日 (木) 15時14分

» 内臓脂肪ダイエット 内臓脂肪を減らしてメタボリックシンドロームを予防する!! [内臓脂肪ダイエット 内臓脂肪を減らしてメタボリックシンドロームを予防する!!]
内臓脂肪は皮下脂肪よりずっと危険です。内臓脂肪を減らすことは簡単です。内臓脂肪ダイエットでメタボリックシンドロームを予防し、すっきりしたお腹と健康を手に入れよう! [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 03時46分

» 内臓脂肪を燃やそう! [健康情報]
内臓脂肪は生活習慣病の原因であるといわれます。 一見ダイエットが必要なほど太ってるように見えない、つまり皮下脂肪がそれほどない人でも、意外に内臓脂肪はあるといいます。 [続きを読む]

受信: 2006年10月17日 (火) 14時55分

« 脳出血の治療って、どんなことするの? 医師と女子高生の会話から | トップページ | 都立長沼公園から平山城址公園 ウォーキングストーリー »