« 土浦 ウォーキングストーリー | トップページ | 脳出血の手術って、どんなことするの? 医師と女子高生の会話から »

リズムのいい文章の研究

 こんにちは。

 あれから、体重が1キロも減りました~♪

 ダイエットのためにウォーキングで汗を流しながら、それ以上のカロリーを摂取していたと気づいた今日この頃。

 ダイエット効果を、その日のうちに相殺していたのですね~。

 まさに、「食べ歩き」なのでした。

 でも、やせたのは、それを反省したからではありませぬ。

 またしても、口内炎が…。

 それも、口の中の粘膜ではなく、ベロ、すなわちタンにできてしまったのです。

 これでは、薬の付けようがない。

 もう喋るのはおろか、息を吸うのも億劫。

 まして、口の中に食べ物が入っただけで、激痛が脳天を突き抜ける。

 今が旬のカキフライを食べたんですよ。

 ソースが沁みるから、何もかけずに食べれば大丈夫だろうと思った。

 しかし、カキフライの表面のギザギザが口内炎を直撃。

 ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~!!!

 定食屋のオヤジが、ギョッとして振り向きましたね。

 カキフライの中に、五寸釘でも入っていたのではないかと思って。

 …ということで、おとといから今日にかけて、沁みなくてやわらかいものしか食べられない。

 冷奴を人肌にして食べるとか。

 それでも、相変わらず歩き回っていたのです。

 おかげで、やせることができたのですけど。

 オイラは、今回のことで一つの教訓を得ました。

「食べずに歩けば、やせる」と…。

 それはともかく、文章ネタ。
 

 前回、ブログの第一回目から、こだわりをもって取り組んでいることがあるのだと書きました。

 オイラが一度書き上げてから、もっとも重視して推敲するポイント。

 そして、そのヒントは文章のリズムだと…。

 それをご説明する前に次の文章をお読みいただければ幸いです。

『 きのうは、ぼくの学校の運動会でした。ぼくはそれで早起きしました。学校へ行くと、みんなが集まっていました。最初はラジオたいそうをしました。校長先生の話が長いでした。ぼくは徒競走で、ビリから二番目でした。もう少しがんばればよかったと思いました。お昼にはみんなでお弁当を食べました…』

 上記の文章は、文章ネタの第一回にご紹介したものでした。

 確か、わかりやすい文章にとって重要なのは、センテンスを短く切って、テンポをよくする。

 そして、主語と述語を近づけ、明確にすると書いた記憶があります。

 しかし終始それだと、上記の例のように子供っぽい文章になってしまう、と…。

 でも、上の文章を声に出して読んでみると、リズムは悪くない。

 だけど、なぜか子供っぽい、あまり考えずに書いているような印象を受けてしまう。

 それはなぜか。

 結論を言いますと、文末が全部一緒なのですね~。

 同じ調子の文章は、非常に子供っぽい印象を読者に与えてしまう。

 これは、文章作法の基本ですが、文学賞の応募作品の中にも、かなりの確率で同じ文末を続ける文章があるそうな。

 ときたま、選考委員が、この点について苦言を呈している選評を目にすることがあります。

 ところが、しかし…。

 同じ文末を続けていても、名文と言われるものもあるのでやす。

 しかも、近代日本文学史上、名文中の名文と言われるものが…。

 たとえば、志賀直哉の「暗夜行路」、「城崎にて」。

 ノーベル賞作家の川端康成の「伊豆の踊り子」などなど。

 これらの作品の文末は、「~た」が際限なく並ぶ。

 なぜ同じ文末を続けているのに、子供っぽい文章になったり、ノーベル賞作家の名文になったりするのか。

 井上ひさし氏の「自家製 文章読本」には、その理由が説明されているのですが、それはまた次の機会に。

 話題は元に戻って、さきほどの子供っぽい文章の例について。 

 さて、上記の文章を手直しするのは、ちょっと難しい。

 それでも、意味を変えずに語尾のバリエーションと言い回しだけを、少し変えてみると…。

『 きのうは、ぼくの学校の運動会。だから、いつもと違って早起きしなくちゃいけないんですね~。学校へ行くと、もうみんなが集まっている。最初はラジオたいそうからです。そのあとの校長先生の話が長くて始める前から少し疲れました。それが理由ではないですが、ぼくは徒競走で、ビリから二番目。もう少しがんばればよかったかも。お昼にはみんなでお弁当を食べましたが、…』

 かなり、オイラの独断と偏見の軽~い文体になってしまいましたが、多少とも子供っぽいイメージは脱却できたでしょうか。

 多少、変なおじさんが入っていますが。

 ひとつの文章のなかで、さまざまな文末のバリエーションを使い分けるのは、ある程度の経験が必要かも。

 小学校の低学年だと、文章の基本を教わった段階ですからね。

 文章のリズムまで頭を回すには荷が重い。

 ところで前回のブログで、オイラが最初からこだわりをもって取り組んでいる文章作法があると書きましたね~。

 それは文末の表現だと、玲小姐さんに一発で当てられてしまいました。

 体言止め、疑問形、丁寧語と何種類かを使い分けている、と…。

 ありがとうございます。さすがだと感服いたしました。ただ、オイラは日本語の文法に関してはほとんど知識がないので、そこまでテクニシャンではござりませぬ。

 オイラがこだわりをもって取り組んでいる文章作法は、同じ文末を3回以上続けないこと。

 それだけっす。

 あとで書いた文章を読み直してみて、ちょっとおかしいかなと思ったら、その場のフィーリングで手直しする。

 回数に関しては、どの文章作法の本にも書いてなかったと思いますが、経験上、3回同じ語尾が続くと、「ちょっと、変」というシグナルが点滅するのです。

 たとえば…

 『 きのうは、ぼくの学校の運動会でした。ぼくはそれで早起きしました。学校へ行くと、みんなが集まっていました 』

「~した」という同じ語尾が3回続くだけで、なんとなく文章のリズムがおかしく感じられる。

 ところが…

 『 きのうは、ぼくの学校の運動会でした。ぼくはそれで早起きしました。学校へ行くと、みんなが集まっている 』

 3つ目のセンテンスの文末を「~いる」と変えることによって、文章のリズムがうまく流れるように感じるのは、オイラだけでしょうか。

 文末のバリエーションをたくさん持っていると、多彩な表現ができるような気がします。

 だから、いろんな人の文章を読んでいると、なぜか文末に注目してしまう。

 この使い方は面白いな~、真似して使ってみようとか。

 最近は、小説だけではなく、漫画とか、いろんなジャンルの本を読んでいる人が多いから、さまざまな語尾を使って面白い表現法をあみだしている若い人が多いですね~。

 オイラが学校で習った文章作法より、今はかなり表現の仕方が多様になっているかも。

 昔はといえば、実用文の文体は、「です・ます調」か「だ・である調」のどちらか。

 その両者を混同して使ってはならないと強く言われました。

 これからの文体は、企画書や報告書などのフォーマルなビジネス文書では今も健在ですね。

 この場合でも、同じ調子で使うと、幼稚な印象を相手に与えてしまう。

 語尾の統一に気をつけろ、語尾の乱れは理論の乱れに通じ、読者の信頼感を減少させてしまう結果になる、と…。

 文末に関する話題は、まだ続きます。

Banner2_8 ← ブログ存続にご協力お願いします。

|

« 土浦 ウォーキングストーリー | トップページ | 脳出血の手術って、どんなことするの? 医師と女子高生の会話から »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97372/12527099

この記事へのトラックバック一覧です: リズムのいい文章の研究:

» リバウンドを防ぐダイエット方法 [ダイエット方法考察日記 ~あのダイエット方法って効果あるの?~]
まず、リバウンドとは・・・ダイエットして減った体重が元に戻る、またはそれ以上に増える事です。では、リバウンドを防ぐ為にはどういうダイエット方法が良いのでしょうか。一般的なダイエット方法というと、食べ物のカロリーを少なくして痩せる、運動すると考えるのが普通です。しかし、計画を立てるほど長く続かない事の方が多いです。なので無理なく気楽にでき、リバウンドを防ぐダイエット方法を紹介します。まずは調... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 02時29分

« 土浦 ウォーキングストーリー | トップページ | 脳出血の手術って、どんなことするの? 医師と女子高生の会話から »