« 正月恒例? 高水三山駅伝 ウォーキングストーリー  | トップページ | 出版決定しました~! with 八王子・多摩御陵 ウォーキングストーリー »

私が仕事中聴いている名曲ベスト5 平成の女性ボーカル編

 こんにちは。

 またまた、更新が滞ってしまいました。

 いろいろ近況を書きたいところですけど、長くなりそうなので、それはまたいずれ。


 今日は、去年お送りした「私が仕事中聴いている名曲ベスト5 フォークソング編」の続編です。

 昨日、テレビで懐かしい歌をたくさん聴いたので、またやってみようかと…。

 前回、フォークソングを聴くのは、ひたすら忍耐力が必要な単純作業をしているときが多いって書きました。何度も聴いて耳になじんでいるから、気軽に聞き流せるといいますか。

 雨が降っているときや寒いとき、傘やオーバーを貸してくれるのが、フォークソング。カジュアルな気分で、心が温かくなるといいますか。

 さて今回は、平成の女性ボーカル編。

 そのジャンルで、オイラが去年よく聴いた曲のベスト5です。

 中には、この曲が平成?と疑われるものもありますが、ギリギリ平成なのですね~。

 ほかにも、アイドル歌手編や演歌編、昭和の歌謡曲編、ニューミュージック編、ジャニーズ編、映画音楽編、最近のヒット曲編、サザン編、聖子ちゃん編、森高編といろいろあるのですが、それはまたいずれ。

 ところで、これから紹介する曲は休憩時間に缶コーヒーなんぞを飲みながら聴くことが多いです。

 だから、わりと癒し系のバラード曲が多いかも。

 どんなに疲れていても、2~3曲も聴いていると、さあやるぞと、いつの間にか仕事に戻っているんですよ。

 知らず知らずのうちに、元気を充電してくれる曲といってもいいかもしれません。

 そういえば、最近のスポーツ選手は皆、試合が始まる前に音楽を聴いている人が多いみたい。

 マラソンの高橋尚子選手が、シドニーで金メダルを取る前にノリのいい音楽を聴いていたのは有名な話。
 
 フィギュアスケートの浅田真央ちゃんも、試合の前にいつも聴いていますよね。

 テレビでその様子を見ていて、何を聴いているのかなと、そっちのほうがレースより気になったりして。

 ほかの人が読んでいる本がよく気になるのですが、ほかの人が聴いている音楽も気になる今日この頃。

 それはともかく、ビジベンが仕事に疲れたとき、砂漠でオアシスを求める如く聴いている平成の女性ボーカルの曲ベスト5は、次のように決定いたしましたぁぁぁぁぁぁぁぁ~


ダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ… (← ドラムの音?)


第五位 PRIDE 今井美樹

 それはこちら

 この曲は、平成8年に発売以来、翌年にかけてオリコンカラオケリクエストチャートでは長期間上位にランクインしていたらしい。

 この曲を聴いたら、カラオケでロマンチックなムードに浸りながら歌いたいと思う女性は多いはず。

 オイラは一度も見たことがないですが、フジテレビのドラマ『ドク』の主題歌だったと聞きました。ドラマの人気もあって、最終的には160万枚の大ヒットになったとか。

 今井美樹の透き通るようなピュアな歌声に、曲のイメージが見事にあっていますな。

 それにしても、この美しい歌を作ったのは布袋寅泰なのですか。

 身長187センチの強面の印象で、最近も芥川賞作家をボコボコにした傷害事件が記憶に新しいですけど、やっぱり心の中にこういうロマクチックな部分がないとこの言う曲は作れないでしょうね。

 この曲がヒットしたあと、今井美樹が結婚したのも、その部分に惹かれたのかもしれませぬ。

 ホントに人の見かけと才能の神秘さには驚かされます。

 作詞・作曲の才能がまったくないオイラは、あこがれますね。

 一生涯のうち1曲だけでもいいからこんな曲が作れれば、その後の人生はずっと幸せかも。 
 

第四位 Secret of my heart  倉木麻衣

 それはこちら

 倉木麻衣は、デビューしてからもう10年になるのですか。最近はあまり見かけなくなりましたけど、当時は現役の女子高生がヒット曲を連発して、宇多田ヒカルとヒットチャートを争っていたのを覚えています。

 もっとも、テレビはあまり出なかったので、オイラが知ったのはラジオのベスト10番組でしたが…。

 デビュー曲の「Love, Day After Tomorrow」と次の「Stay by my side」も好きでしたが、ラジオでこの曲を聴きながら、埼玉県の吉見百穴という場所をウォーキングしたことがあるのです。

 古代の墳墓が眼前に広がる神秘さとこの歌の穏やかな奥行きの広さが見事にマッチングして、イメージのシナジー効果を生み出しました。

 英語のタイトルでありながら、オイラでもなんとなく意味がわかるのもうれしい。

 この歌は、『名探偵コナン』エンディングのテーマでもあったとか。

 古代の墓やアニメなど、世代を超えた幅広いジャンルに合うのは、曲自身の根源的な魅力によるものではないか、と考えるのでした。


第三位 涙そうそう 夏川りみ

 それはこちら

 でも、この曲こそ、世代を超えて支持された代表曲と言えるでしょうね。

 オイラのまわりには、曲の好き嫌いが激しい人もいるのですが、この歌が嫌いだという人にお目にかかったことはありませぬ。

 カラオケでマイクを持ったら離さない、うざいと言われたオヤジが歌っても、この曲のときだけは皆、黙って聴いているような。

 イントロで沖縄の三線とか入っていて、青い海とどこまでも広がる白い砂浜がイメージできる。

 夏川りみは、演歌歌手の星美里と言った時代からテレビで知っていましたけど、うまいけれど素直すぎる歌い方に演歌では難しいかな、と思っていました。

 でもこの歌は、まさに夏川りみの声質と素直な歌唱法だからこそ、魅力が最大限に引き出せたのでしょうね。

 作詞した森山良子と作曲したBEGINも、この歌できっと永遠に名前が残るでしょう。

 タイトルの「涙そうそう」は、沖縄の言葉で「涙がぽろぽろこぼれ落ちる」という意味だというのはあまりにも有名ですけど、「そうそう」を「ぽろぽろこぼれ落ちる」とイメージには捉えにくい。

 あっさりしすぎている感じがするのですけど、悲しみをあっさり表現すると奥行きが逆に広くなって、強く心に残ると思いました。

 それにしても、夏川りみさんは結婚したのですね。

「一緒にいて楽しいし、お酒が強いところが好き」という理由が、沖縄の人らしい。


第二位 100回のKISS  松浦亜弥

 それはこちら

 オイラがよく聴く第三位はあややっす。

 あややと言えば、「桃色片想い」や「Yeah! めっちゃホリディ」のような元気な曲をあげる人が多いと思いますが、この曲はつんくの作った曲の中で1、2位を争う名曲だと思うのです。

 この曲は、歌手デビューする前からモーニング娘。のコンサートで歌っていたそうですね。

 当時は「100回のKISS」の2番の歌詞が未完成だったらしい。

 …ということは、一番に作られた?

 それが、発売が何曲かあとになったのは、つんくとしてもかなり吟味して作ったということでしょうか。

 レコーディングのときも、かなり気合が入って、つんくから怒られたとあややが話していた記憶があります。

 それにしても、どうしてオイラの記憶があるのかわかりませぬ。

 つんくも、よくこんな少女の気持ちに共感できた歌を作れると思いました。


第一位 secret base ~君がくれたもの~ ZONE

 それはこちら 

 この曲は、どちらかというと昭和の香りを感じさせるような気が…。

 この歌がヒットしたとき、メンバーの4人は中学生と高校生だったらしいですけど、しっかりした演奏と歌のうまさに驚きましたね。

 しかも、全員がボーカルで、皆レベルが高い。

 ガールズバンドというと、プリプリのように派手な衣装と茶髪みたいなイメージがありました。

 彼女たちは、中学や高校生としてのラインを守りつつ、バンド活動をしていた印象でしたね。

 …といっても、はじめてオイラがテレビで見たのは初出場した紅白のとき。

 それまではラジオで聴いて知っているだけなのでした。

 この歌がヒットしていた頃は、あるクリニックで仕事しているときで、院長先生が亡くなって閉院を余儀なくされたときでした。

 歌詞の中に「突然の転校で、どうしようもなく~」という部分があるのですが、「突然の閉院で、どうしようもなく~」とつぶやいていたのを思い出します。

Banner2_8 ← ブログ存続にご協力をお願いします。

|

« 正月恒例? 高水三山駅伝 ウォーキングストーリー  | トップページ | 出版決定しました~! with 八王子・多摩御陵 ウォーキングストーリー »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97372/44341373

この記事へのトラックバック一覧です: 私が仕事中聴いている名曲ベスト5 平成の女性ボーカル編 :

« 正月恒例? 高水三山駅伝 ウォーキングストーリー  | トップページ | 出版決定しました~! with 八王子・多摩御陵 ウォーキングストーリー »