« 不思議な家と写真にまつわるエトセトラ | トップページ | 青梅の三古城 ウォーキングストーリー with 出版にまつわるエトセトラ »

新型インフルエンザと鎖国の微妙な関係 with 瑞江~古川親水公園 ウォーキングストーリー

 こんにちは。

 新型インフルエンザの感染が少しずつ拡大していますね。

 いよいよ関東にもやってきたか、という感じです。 

 オイラは、新型インフルエンザの専門家ではないのでよくわかりませんが、江戸時代の鎖国でもしない限り、感染は避けられなかったのでしょう。

 病気についての本を書いていますが、歴史のほうにも興味があるので、インフルエンザの歴史を少し調べてみたんですよ。

 鎖国政策がとられた江戸時代にも、インフルエンザの流行があったのかどうか、と…。

 酒井シヅ著 「病が語る日本史」(講談社学術文庫)によると、江戸時代初期の1614年にインフルエンザの大流行があったらしい。

 ところが、それから百年間、インフルエンザの大流行の記録は残っていないそうです。

 明以外の船の入港を長崎・平戸に限定したのが1616年。鎖国は、一気に行われたのではなく、少しずつ体制が強化され、寛永の家光の時代に完成したそうですね。

 鎖国政策がとられてからパッタリ百年間も、インフルエンザの大流行がなかったなんて、やっぱり…という感じがしました。

 ところが、その後も鎖国下の日本でしたが、八代将軍吉宗の享保年間に、インフルエンザの大流行が起きてしまった。

 江戸の町では、夏の一ヶ月で死者がなんと八万人。

 棺おけが間に合わず、酒樽に亡骸を入れてお寺に運んだそうな。

 百年間もインフルエンザの流行がなかったそうですから、おそらく当時の日本人は免疫を持っていなかったのでしょう。

 ちょうどその頃、アメリカやヨーロッパ諸国でもインフルエンザが大流行していた記録が残っているそうです。

 島国であり、鎖国をしていた日本なのに、いったいどこからインフルエンザがもたらされたかというと、当時でもたった一箇所世界に開いていた場所があったのでした。

 それはご存知、長崎の出島。
 
 興味深いのは、長崎で流行してから江戸で流行するまで、3年のタイムラグがあったということ。

 当時の交通事情もあったのでしょうけど、現代では考えられませぬ。

 それにしても、今から300年も前の鎖国下の日本でも、インフルエンザが猛威を振るったというのは驚きです。

 300年前の長崎と今回の神戸、どちらも日本屈指の国際都市という共通点はありますな。

 いずれ、まわりでも感染する人が増えると思いますが、被害はまさか300年前とは違うでしょう。でも、弱毒だからと油断することなく、しっかり予防や感染防止の知識を持たねば、と思いました。

 
 免疫力を高めるにはまず体力…ということで、お散歩ネタ。

 インフルエンザの「イ」の字もなかった頃に出かけたので、写真の季節感に若干違和感がありますがご容赦ください。

 今回、都営地下鉄全線が500円で乗り放題のワンデーパスを使って行ったのは、江戸川区。

 都営地下鉄新宿線の瑞江から船堀をめぐるコースです。
 
 近くに、旧江戸川や新中川がとうとうと流れ、趣向をこらした親水公園もあって、なかなか変化に富んだウォーキングが楽しめそう。

 しかも、神社仏閣や江戸時代の長屋門もあるとか。

 もちろん、何度か訪れたことのある場所ばかりですが、初めて見るところもいくつかありそうなので行ってみることにしました。

 ウォーキングのスタートは瑞江駅。

 駅前はスーパーや商店が並ぶ、どこにでもある景色ですが、とびきり古い建物はないみたい。

 新宿線が開通したのは昭和61年で、そこから商業・住宅地として急速に発展したのですな。

 そう古くない時代は、水田や金魚の養殖池が広がるのどかな農村風景が広がっていたそうですね。

 瑞江駅前の雑踏を抜け、まず向かったのは豊田神社。

 それほど大きな神社ではありませんが、境内には大正時代に作られた富士塚がありました。

Ca3a0667

 あまりモノホンの富士山には似ていませんけど、モノホンの溶岩を積み上げ、裏側には富士山の大沢崩れの跡を模すなど手が込んだ作りになっています。

 このコースには、ほかにも富士塚のある神社がいくつかあって、当時の富士講の流行が偲ばれました。

 豊田神社から住宅街の中をテクテク歩き、向かったのは明福寺。

 ここはオイラの家の宗派である浄土真宗の開祖、親鸞聖人ゆかりのお寺らしい。

 親鸞聖人は関東から上洛の途中、この地で請われて雨乞いをしてその後ここに草庵を作り3年間も住まわれたとのこと。

 本堂裏の墓所の前にある鏡が池は、親鸞聖人が自身の姿を水面に映して像を彫ったという伝説が残されています。

Ca3a0671

 そして、境内には太子堂と親鸞堂などが建ち、太子堂には聖徳太子の自作と伝えられる聖徳太子立像、親鸞堂には親鸞の自作とされる親鸞聖人坐像が安置されているとのことでした。

 一見すると普通の小さな池ですけど、そんなに古くからここにあるのですね。

 明福寺の裏手はすぐ旧江戸川になっていて、川沿いの遊歩道からの眺めはなかなか。

Ca3a0673

 ヨットハーバーみたいな施設もあって、湘南気分も味わえそう。

 旧江戸川と新中川の合流地点の近くにあるのが、今井児童交通公園。

Ca3a0677

 ここは、レンタルのゴーカートや自転車に乗り、楽しみながら交通道徳を身につけられるのですね~。

 信号を備えた車道と歩道が作られてあって、子供たちが交通ルールを守りながら自転車をこいでいます。

 料金表示がどこにもないから無料かも。

 二人乗りで、ペダルをこぎながらモノレールのように場内を一周できるサイクルモノレールは楽しそう。

 行った日は新年だったので、ボランティアの係員の人たちのほうが子供たちより多い状態。

 並ばないで、しかも無料で、遊園地にあるような施設を楽しめるのだから、これはこの近くに住む人の特権かも。

 巨大な今井水門を眺めながら瑞穂大橋を渡り、住宅街をしばらく行くと宇田川家長屋門がありました。

Ca3a0685

 この長屋門は、江戸時代後期に作られたらしい。

 宇田川家は、旧二之江村の村役人を代々勤めた旧家だそうですね。ご先祖は、後北条氏の家臣で、この地域の開拓者でもあるのだとか。

 少し、右側の屋根が高くなっているのが気になりましたけど、茅葺のまま現在まで残っているのは珍しい。

 元武士の豪農であり、この地域のパイオニアとしての威厳が感じられました。
 
 長屋門のすぐそばから延びているのが、古川親水公園。

Ca3a0688

 旧古川の流れをそのまま公園にしたもので、国内の親水公園の第1号にもなった由緒ある公園なのですね~。

 今は全国に親水公園というネーミングのついた公園がありますけど、それらのお手本になったのですか。

 お手本だけあって、たんなる水の流れだけにとどまらない趣向を凝らした仕掛けが面白かったです。

 ちなみに、全長は1.2キロ。

 古川は、江戸川を下る水路として古くから使われていたようで、江戸時代は行徳の塩を江戸へ運ぶ重要な水路だったらしい。

 川のせせらぎ沿いの遊歩道をテクテク歩いて向かったのは、妙勝寺。

Ca3a0689

 区内でもっとも古い寺院だそうですね。

 解説板には、鎌倉時代に近くの葛西沖に難船が漂着し、残されていた童子を二之江村の漁師五郎という者が救いあげたという話が書かれていました。時に、1248年。

 その童子は平家の出身で、後に僧になってこの近くに草庵を結んだらしい。これが妙勝寺の始まりだそうですね。

 鎌倉幕府が作られて50年以上もたってから、どうして平家の少年が船に乗って、どこへ行こうとしていたのだろうと考えると夜も眠れなくなりそう。

 鎌倉幕府も安定して、平家の出身といっても、大手を振るって生きてゆける世の中になっていたのでしょうかね。

 妙勝寺の前には、巨大な岩のオブジェから怒涛の如く水があふれています。

Ca3a0692

 このあたりの親水公園は見どころが満載。

 昔、長崎で見たメガネ橋のような橋がありました。

Ca3a0698

 しばらく行くと、ミニ吊橋にミニトンネル。

 こちらは親水と藤棚のコラボっすか。

Ca3a0701

 水辺のプチ景観を楽しみながら歩き、着いたのが妙光寺。

 境内の七面殿には、葛西沖で漁師の網にかかって行き上げられた「海中出現七面大明神」が祭られているらしい。

 このあたりを歩いて海をイメージするものはあまりないですが、江戸時代はもっと海が近くにあって、近隣の人たちは海のそばの暮らしをしていたのでしょうか。

 古川親水公園に別れをつげ、商店が立ち並ぶ陣屋橋通りをテクテク歩いて今度は一之江境川親水公園へと入ります。

 こちらは平成7年に完成したまだ新しい親水公園。

 何度か来たことがあったと思いましたが、よく覚えていないっす。3.2キロもあるのですね。

 少しあるいて日枝神社に。

 ここにも富士塚がありました。それほど高くなく、登りやすそうですけど入口にローブが張ってありました。

Ca3a0705


 そして最後に向かったのが、タワーホール船堀。

 ここは江戸川区の複合文化施設で、ホールや映画館、レストランなどがあります。

 …といっても、オイラが注目するのは、高さ115メートルの展望台。

Ca3a0709

 今やタワーとしてはそれほど高くありませんが、まわりに高い建物がほとんどありませんからね。

 都心の115メートルとはわけが違いまする。

 前に一度来たことがあり、その360度の大パノラマは一見の価値ありでした。

 しかも、確か無料だったような。

 …と喜び勇んで行こうとしたら、休館日でした。

Banner2_8 ← ブログ存続にご協力をお願いします。

|

« 不思議な家と写真にまつわるエトセトラ | トップページ | 青梅の三古城 ウォーキングストーリー with 出版にまつわるエトセトラ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97372/45090676

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザと鎖国の微妙な関係 with 瑞江~古川親水公園 ウォーキングストーリー:

» アメリカ発世界9ヶ国同時オープン [アメリカ発世界9ヶ国同時オープン]
これは25万曲の音楽(楽曲提供大手3社契約)や映画が 無料でダウンロードできたり音楽家が自分の曲をのせたり ブログやEメール、ショッピング等全てを利用すると収入 になり又大きな収入を得たい人には、有料会員があります。 登録が開始されました。大爆発の予感。 [続きを読む]

受信: 2009年5月22日 (金) 12時01分

« 不思議な家と写真にまつわるエトセトラ | トップページ | 青梅の三古城 ウォーキングストーリー with 出版にまつわるエトセトラ »