« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

三浦半島・追浜 ウォーキングストーリー

 こんにちは。

 今回、ウォーキングに行ったのは、ましたても三浦半島。

 最近、三浦半島のマイブームが起きているようで…。

 もっとも、自然にあふれた海と山が手っ取り早く堪能できる場所は、東京近辺にはそうないはず。

 東京から1時間もかからずに、海と山のコラボが味わえるのですからね~。

 でも、三浦半島のマイブームは、昔もあったのでした。

 自然にふれあい、ストレスを解消しようと、オイラは二十代の頃からよくこの半島を訪れました。

 十分日帰りできるのに、横須賀のホテルに泊まって、地元の人たちしか行かないような場所を歩き回ったこともあります。

 何十年にもわたって行き続けてきた三浦半島ですが、今回行ったのはまだ行ったことのないエリア。

 しかも、何で今までこんな素晴らしいところ知らなかったの?というくらいお得感のある場所でした。

 それは、横須賀市の追浜。 「おいはま」ではなく、「おっぱま」と呼ぶのですな。

でも、その由来はわかりませぬ。「浜」というくらいだから、海がそばにあるというのはわかるのですが…。

 追浜は、有名な観光スポット、金沢文庫と横須賀に挟まれたところ。

 当然、金沢文庫や横須賀は何度も訪れているのですが、この追浜駅周辺は、これまで素通りするだけでした。

 行ってみようと思ったのは、以前、このブログでもご紹介した無料の「お散歩マップ」を駅で手に入れたからなのですね~。

 何気に、そこに載っている風景写真を眺めていたら、断崖絶壁の岩山と風光明媚な岩山のコラボが…。

 三浦半島に、こんな雄大な景色の場所があったのですか。

 マップには、追浜の歴史スポットを巡る海のそばのAコース、そして「湘南妙義」と呼ばれた鷹取山のハイキングがメインのBコースがありました。

 それぞれ、6キロと7キロの決して短くないコースですが、二日に分けて行くのも交通費がもったいないからと一日で踏破することにしたのです。

 交通費といっても、私鉄だし、それほど高いわけではないのですが…。

 それはさておき、スタートは追浜駅から。

 急行の停車駅ではないのですが、駅前の国道は交通量が激しいし、わりと垢抜けた商店が多く、さすが湘南だと思いました。

 マップを見ながら、最初の目的地、傍示堂(ぼうじどう)を目指します。

Ca3a1058

 コンクリートで作られたお堂の中には、庚申塔やお地蔵様。

 解説板を読むと、江戸時代まではこの辺りが武蔵国と相模国の国境だったそうですね。また江戸から浦賀へ通じる浦賀道の相模国の起点でもあったらしい。

 そういう重要な場所に、このようなお地蔵さんをおまつりして、国境の監視をお願いしたのでしょうか。

 悪い病気が入ってみないよう、宗教的な意味合いもあったのかもしれませぬ。

 そんなことを考えつつ、次のスポット、雷神社にお参りします。

 かみなり神社?と読むのかと思ったら、いかづち神社なのでした。

 名は体を表すと言いますが、雷にちなんだ縁起があるそうですね。

 この近くに、築島と呼ばれる場所があって、12人の乙女たちがおこもりを続けていたそうな。

 そこへ突然、鷹取山の方角からものすごい稲妻と雷鳴が起こり、ビャクシンの木に雷が落ちて木は黒焦げになったとのこと。

 でも、近くにいた彼女たちはかすり傷ひとつなかったらしい。

 それで、築島に雷神社が祭られ、そして豊臣秀吉の時代に、現在の場所に移されたのですか。

 神社の由来には、荒唐無稽な伝説が少なくないですが、これはリアルな話で、現実にあったのだろうと思いました。

 本殿の前にある丸い輪。これは、茅の輪といって、これをくぐることによって、身を祓い清めるのだそうな。

Ca3a1059

 本殿の赤と茅の輪の緑が鮮やかですね。

 再び駅前に戻り、さきほど聞いた築島と呼ばれる場所へ行ってみることにしました。

 すると、ありましたよ、例の木が…。

Ca3a1086

 なんとなく、黒ずんでいるし、落雷にあったと思われるような節も。でも、もちろん当時の木ではないでしょう。

 それでは、12人の乙女は? と、まわりを探したのですが、残念ながら出会うことはできませんでした。

 そこから駅前の大通りに出て右折し、ひなびた商店街をテクテク歩きます。

 急な細い坂道を登り、住宅が建ち並ぶ小道をさらに行くと、観音寺。

Ca3a1063

 このお寺は、地元の人でなければ知らないような丘の上の奥まった場所にありました。

 丘の名は、見漁台というらしい。一発で、昔ここでどんなことが行われていたのかわかるネーミングですな。

 ここからの眺めは、江戸時代は「浦郷八景」と呼ばれるほど美しかったそうですね。

 住宅の屋根が建ち並ぶ風景でしたけど、お寺の境内は山寺の鄙びた感じがあって癒されました。

 あとで調べたら、この台地は、かつてこの辺りの領主だった朝倉氏の城があったらしい。

 それならもう少し、城跡ウォッチングをすればよかった、と…。

 しかも、この台地には埋蔵金伝説もあるそうなですよ。

 噂によると、なんと、漆千杯、銭十億万両の宝物っすか。

 それだけのお金があったら、仕事しないで毎日、お散歩できるのに、と思いました。

 お金があってもなくても、あまりライフスタイルは変わらないようで。

 …と、突然ですが、コマーシャル。

 前回ご紹介しました「図解入門 よくわかる最新『病』の基本としくみ」、好評発売中です。

 書店へいらした方は、是非、探してみてください。

 図解のイラストとわかりやすい文章がよいといろいろな人たちからお褒めの言葉をいただいております。

Photo_2

 「図解入門 よくわかる最新『病』の基本としくみ」 永嶋信晴著

 民放みたいですが、ウォーキングを続けます。

 台地の反対側へ降り、バス通りをしばらく行くと、能永寺。

Ca3a1068

 時宗のお寺だそうで、なんと開祖一遍上人自身が開基されたのですか。歴史の感じられる古い山門がいい味を出しています。

 そして能永寺の隣にあるのが、正観寺。

Ca3a1070

 こちらも、小高い丘の上にあって、深浦湾を見下ろす、境内からの眺めが素晴らしい。

 それもそのはず、この場所は戦国時代の後北条氏の頃、船の見張り所があったと伝えられるそうですね。

 穏やかな港の風景で、ここなら当時の船も安全に航行できそう。

 丘を降り、深浦湾のヨットハーバーへ向かいます。

 かつては、榎戸湊と呼ばれ、鎌倉時代には、金沢、浦賀と並ぶ鎌倉の外港だったとか。

 当時は、能永寺の門前のあたりまで海だったそうですね。

 海岸沿いにウッドデッキの遊歩道が延び、湊の風景が堪能できました。

Ca3a1075

 それにしても、海水がきれいで透き通っています。オイラの子供の頃は、東京近郊の海はどこも汚かったので、海の底が見えるというだけでも感動です。

 快適な遊歩道を歩いてゆくと、漁船もたくさんつながれていました。

 ふたたびバス通りに戻り、追浜トンネルの手前の階段を上ります。緑あふれる小道をしばらく行くと、古い墓地がありました。

 ここが、官修墓地。

Ca3a1080

 なんでも、明治10年の西南戦争の政府軍兵士の墓だそうですね。

 でも、西南戦争は、九州が舞台。

 どうして三浦半島に、こんなにたくさんのお墓があるの?と思ったら、戦争が終わって東京へ戻る途中、船の中でコレラが発生したらしい。

 それで、多くの病死者が出てしまったのですね。

 戦争で生き残ったものの、帰りの船の中で、しかも病気で死んだのでは、さぞ無念だったろうと思いました。

 ただ、これだけ立派な史跡になっていると、多くの人たちが訪れて冥福を祈るのでしょう。もしかして、今現在では、普通に亡くなった人たちよりも、天国では幸せなのかも、と思ったりしました。

 官修墓地から続く小道は尾根道に続き、やがて視界に、金沢八景方面が見渡せます。

Ca3a1084

 遠くには、八景島シーパラダイス、近くに見える小山のような丘は野島でしょうか。

 晴れた日には、富士山がよく見えるそうですね。

 晴れていたので富士山を探したのですが、靄がかかっていてよく見えませんでした。

 正面の公園の中にあるスタジアムからは、大きな歓声が…。

 耳をすませてみると、プロ野球の二軍の試合が行われているようでした。そういえば、横須賀スタジアムがフランチャイズの湘南シーレックスってチームがありましたね。

 わりと立派なスタジアムで、大洋ホエールズ時代の川崎球場より広いかも。

 そこから大通りを歩き、追浜駅に戻ります。

 これでようやく、ひとつめのAコースが終了。

 時間はまだ午後1時。

 これから、ウォーキングダブルヘッダーの第二戦、Bコースの鷹取山ハイキングへ向かいます。

 東京の近場で、こんな絶景が…と、驚くのですが、それはまた次回。

Banner2_8 ← ブログ存続にご協力をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よくわかる最新「病」の基本としくみ、好評発売中!! with 日本橋、池袋、新宿、五反田 お買い物ツアー

 こんにちは。

 いよいよ、オイラの書いた本が出版されましたぁぁぁぁぁぁ~!!

 タイトルは、よくわかる最新「病」の基本としくみ 病気のメカニズムを図解で学ぶ! 病気の不思議』。

Photo_2 

 本のキャッチフレーズをそのまま引用させてもらいますと…

「病気のメカニズムを豊富なイラストと表で解説した入門書。ポピュラーな疾病を身体の部位ごとにまとめ、その疾患がどのようにして罹患し、発症し、どんな症状が出るかというメカニズムと治療法をやさしく解説」…なのですね~。


 図解入門シリーズの中の一冊ですので、他のシリーズ同様、表紙には監修の先生の名前だけですが、一応、文章部分はオイラが書かせていただきました。

 実は、発売されたのが先月の中旬。

 なかなか忙しくて、プログの紹介記事を書いている時間がなく、今までずれこんでしまったのですね~。

 ホントは、今回のお買い物ツアーが書きたかっただけなのですが…。

 それはともかく、発売早々、大変好評をいただておりまして、お買い求めいただいた方たちにあらためてお礼申し上げる次第です。

 …ということで、ここのところずっとお散歩ネタでしたが、今日は番外編。

 「よくわかる最新「病」の基本としくみ。 お買い物ツアー~♪ in日本橋、池袋、新宿、五反田編」のネタで、お茶を濁そうか、と…。

 いろいろな書店をまわり、新しいコンセプトの大規模書店と昔ながらの書店をいろいろ比べてみるのも楽しかったですよ。

 今度の本は、探してみると結構、街の比較的小規模の書店でも見つけられますし。

 さて、まずオイラが向かったのは、東京・日本橋。

 とすれば、かつて? 書店として日本最大の床面積を誇ったという八重洲ブックセンターに足が向きます。

 地下一階の家庭医学書売り場へ行くと、おお、一番目立つ場所に平積みで置かれているじゃありませんか。

八重洲ブックセンター


 さっそく、一冊目、ゲットン!!!

 今日はかなり忙しく歩き回らねばなりませんから、その感動の余韻に浸っているまもなく、本をユニクロの大型バックに収めると次の目的地へ向かいます。

 日本橋といえば、最近ビルが建て直されてきれいになった丸善を忘れてはなりませぬ。

丸善


 丸善と言えば、梶井基次郎の名作「檸檬」に登場する書店としても有名でしたね。

 舞台は確か、京都の書店でしたが、店頭の積み上げられた画集の上に、時限爆弾に見立てたレモンを置いて立ち去るラストシーンが印象的でした。

 うう、平積みで置かれた「病」の基本としくみの本の上に、レモンを置いて立ち去るという魅惑的な悪魔のささやきが…。

 でも、そんなことしたら、迷惑条例に違反して捕まるかも。

 その葛藤に悩みながら売り場へ向かうと、平積みではありませんでしたぁぁぁぁぁ~

 家庭医学の売り場はそれほど広くないので、結果的に平積みのスペースも限られるのですな。

 ゆえに、レモンを置くことはできませぬ。

 軽犯罪に手を染めになくてよかったとほっとしつつ、丸善で二冊目、ゲットン!!!

 ちょっと歩くけれど、人形町まで行き、よく立ち読みさせていただいているPISMOという本屋さんにも寄ってみました。

PISMO


 こちらは売り場面積がそれほどないから、おそらくないだろうなと思ったのですが、あ~るじゃありませんか。

 …ということで、三冊目もゲットン!!!


 よし、次は池袋へ行くぞ~

 前回のお買い物ツアーでも紹介しましたが、池袋には都内屈指の書店があるんですよ。

 それは、西武南口そばのジュンク堂池袋本店。

 かなりの規模のビル全体が本の売り場になっていて、木製の温かみのある本棚とゆったりとしたフロアの雰囲気がいい味を出しています。

 二階の家庭医学書のコーナーには、当然のごとく一番目立つ場所に、本の表紙を見せる形で十冊ほど並べられていました。

ジュンク堂


 この書店は、入り口の広い空間を除けば、売り場に平積みをしない方針みたい。

 っていうか、平積みをする台自体ありませんでしたが。

 最近の書店の傾向として、ゆっくり座って本を選べるように、売り場に椅子が置いてあります。

 せっかくだから読んでいこうかと思いましたが、時間がないので本を一冊手に取ると一階のレジに。

 四冊目、ゲットン!!!

 ビル全部が売り場だから、レジを一か所に集中できるのですな。レジがたくさんあるから、それほど並ばずに本を購入できるのでした。

 駅のそばの西武百貨店の中にある書店、リブロで、五冊目をゲットン

リブロ


 そして、いよいよ書店の激戦区と呼ばれる新宿へ上陸。

 ジュンク堂新宿店は、池袋本店で買いましたからバスして、地下道を通って紀伊国屋の本店に向かいます。

 一階で在庫の検索をすると、おお、四階の医学書コーナーと六階の家庭医学書コーナーの二箇所にそれぞれ置かれているらしい。

 うぉぉぉぉぉぉぉ~、一番槍の功名を立てるまでじゃぁぁぁぁ~と四階まで階段を駆け上がったのでした。

 若い頃から、新宿の紀伊国屋書店へ行くと、無性に階段を駆け上がりたくなるオイラ。

 どちらの売り場でも、目立つように表紙を正面に向けて置かれていました。

紀伊国屋


 ここで、六冊目ゲットン!!

 いつもは渋谷へ行くのですが、渋谷にも紀伊国屋はありますし、これから行く五反田にもいくつか書店がありますので、今回はスルーさせていただこうか、と…。

 五反田の駅ビルは最近新しくなって、お洒落な書店、ブックファーストが入っておりました。

 なんとなく、女性が多いような。

 さっそくここで、七冊目をゲットンしましたが、ここへ来て疲労がピークに。

 うう、まだあと一冊ゲットンするのじゃ~。

 五反田の駅前からビジネス街をテクテク歩き、ここから近くの書店をローラー作戦で攻略してゆきます。

 駅前の書店を二つほど回ったのですが、売り切れたのか、最初からなかったのか見当たらなくて、大崎広小路の駅のそばにあるあおい書店まで足を伸ばしました。

あおい書店


 以前、何冊か買ったことのある書店でしたが、売っていましたぁぁぁぁぁ~

 こちらのレジのおばさんが、大量の本を抱えてフラフラになっていたオイラのために、本をひとつの大きなビニール袋にまとめてくれたので助かりました。

 感謝をこめて、八冊目、ゲットン!!!

 やったぁぁぁぁ~、ノルマ達成!!


 …ということで、本日の戦利品。

本日の戦利品

Banner2_8 ← ブログ存続にご協力をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »