« 横浜市・市ヶ尾の古墳~川崎市・王禅寺 ウォーキングストーリー | トップページ | 東京スカイツリー、お化け地蔵、隅田川沿いの名所 ウォーキングストーリー »

ゴキブリハンター・ビジベン with 一日の適正エネルギー量って、何? ~ 医師と女子高生の会話から ~

 こんばんは。

 毎日蒸し暑いですね~。

 この季節になると、必ずお目にかかる方がいらっしゃるのでした。

 それは、ゴ○ブリ。

 実は、伏字を使いたくなるほど、嫌いなのです。オイラの目には、エイリアンやプレデターと同じに映りまする。

 当然、発見したら、駆逐しなければなりませぬ。

 ゴ○ブリは部屋の中を、俊足を飛ばして駆け回りますが、ピタッと止まって動かなくなるときがあるじゃないですか。

 そのビッグチャンスを待ち、死角から音もなく、そ~と近づくのです。必殺仕事人のように…。

そして、いきなりマシンガンのように殺虫剤を乱射して仕留めます。

 しかし、ゴ○ブリの視角はかなり広いような。後ろから追いかける形になると、逃がしてしまうこともある。

 やっぱり、正面から出会いがしらの一撃が効きますよね。

 そこである日の夜、刑事みたいに壁の影に身を潜め、耳を澄ませて待っていたんですよ。

 すると、カサカサカサ…と、敵がやってくる気配がしました。

 今だ!!!

 パッと身を躍らせて、ゴ○ブリの正面に立ち、殺虫剤を乱射。

 …と思ったら、ゴ○ブリが目の前から消えてしまった。

 ?????

 どこへ逃げやがったんじゃ。

 突然反撃してくることもあるから、あたりを注意深く見渡します。

 足を一歩踏み出すと、どうも左足の裏に違和感が…。
 
 素足だったので、立ったまま足の裏を覗いてみたんですよ。


 ぎぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~、ゴ○ブリ踏んじゃったぁぁぁぁぁぁ~


 オイラの足の裏には、ペッシャンコになって体液が染み出たゴ○ブリが張り付いている。

 それでもさすがに、恐竜時代から生き延びてきた生命力。

 まだ生きていて、張り付いたオイラの足の裏で、触覚がピクピク動いているんですよ。

 ぎゃぼ、気持ち悪ぅぅ~

 そのあと、涙目になりながら、足を入念に洗ったのでした。

 今でも夢に出てくるおぞましい光景ですが、オイラの足の裏で昇天したゴ○ブリさんこそ、お気の毒だったりして。


 蒸し暑いけど、思い出すたび、鳥肌が立つ今日この頃です。
 


 …ということで、気持ち悪い前ふりの後ですが、今日はまた、「AYAちゃんの糖尿病事件簿」です。


 前回は「一日のカロリー摂取量」という話題を取り上げました。

 今日が始めての方、この記事に興味のある方は、先に「心と体」のカテゴリにある前回、前々回の記事をお読みいただければ幸いです。

 今日はその続きです。
 
 登場人物は、病院の院長先生と現役女子高生のAYAちゃん(松戸あや)の二人。

 AYAちゃんは、将来、看護師になることを夢見る元気な女子高生。

 血糖値の上がったお父さんを救うため、糖尿病について勉強しているという設定でしたね。
  
 今日は、前回の続きで、一日の適正エネルギー量が話題になります。

 それでは…。


● AYAちゃん「適正エネルギー量って、何ですか?」


 一言でいえば、身体活動の程度から1日に使う適正なエネルギー量を算出したものだよ。 1日に摂取するエネルギー量より使うエネルギーが増加すれば、理論上やせることになるし、その逆なら太ることになる。だからダイエットしたいなら、その人が1日に使うエネルギー量を知ることで、どの程度食べてもいいかの目安にはなるね。


● AYAちゃん「なるほど、お父さんだけじゃなく私のダイエットにも使えそうですね。それはどうやって計算すればいいのですか?」


 まず、適正エネルギー量を知りたい人の標準体重を算出するんだよ。


● AYAちゃん「それなら覚えていますよ。


 標準体重を調べる計算式は、  身長(m) × 身長(m) × 22 でしたよね。
 
 うちのお父さんの身長は175センチだから
 1.75 ×  1.75 × 22 で、67.375キログラムが標準体重ですね」


 そう。それを知ってから、調べたい人の身体活動の程度を次の3つの項目に当てはめてみるんだ。

○ 軽い労働 … デスクワークが中心の職業や一般の店員、教員、幼児のいない主婦など  → 標準体重1キログラムあたりのエネルギー量 25~30キロカロリー


○ 中程度の労働 … 外回りの営業マンや立ち仕事の多い工員、幼児のいる主婦など → 標準体重1キログラムあたりのエネルギー量 30~35キロカロリー


○ 重い労働 … スポーツ選手、肉体労働者など → 標準体重1キログラムあたりのエネルギー量 35~40キロカロリー


● AYAちゃん「う~ん。お父さんの場合、結構走り回っているけど、スポーツ選手や肉体労働の人ほどハードではないですね。でもかなり、しんどそうだから、中程度の労働の上のほうかな」


 すると、標準体重1キログラムあたりのエネルギー量は、35キロカロリーか。その数字に標準体重をかければいいんだよ。

 標準体重67.375(キログラム)×35キロカロリー = 2,358.125キロカロリー。

 つまり、AYAちゃんのお父さんと同じ身長の人は、1日に2,358.125キロカロリーを摂取していれば、標準体重を維持できるということになるね。


● AYAちゃん「ということは、標準体重の67.375kgより太っているお父さんは、2,358.125キロカロリーより1日のカロリーを減らす必要があるわけですか」


 そうだけど、さっきAYAちゃんのお父さんの平均的な1日の摂取カロリーを聞いてみたら、思ったより少ないんだよね。


● AYAちゃん「(先生がプリントアウトしたお父さんの摂取カロリー表を眺めながら)えっと、外で飲んで味噌ラーメンを食べた日が2,393キロカロリーで、うちで夕ご飯を食べた日が2,171キロカロリーですね。あれっ?平均すれば、適正エネルギー量の範囲内ですよ」


 おかしいな。それだけ動いていて、 摂取カロリーも多くなければ、急激には太らないはずなんだけど。


● AYAちゃん「かすみを食べても太っちゃう人っていますから。体質なんじゃないですか?」


 まったくありえないとは言えないけど。でも、きっと何か見落としがあるんだよ。せっかく、なっちゃんが持ってきてくれたんだから、ケーキでも食べながら考えてみよう。
(AYAちゃんが持ってきたケーキを一口食べる先生)うっ、アブラっこい。(とたんに目を見開く)

 ちょっと、AYAちゃん!!


● AYAちゃん「(一緒にケーキを食べている)何ですか、先生。あらたまって」


 このケーキはいつも作るの?


● AYAちゃん「そんなことないですよ。気が向いたときだけです。そんなに目を見開くぐらいおいしいですか」


 これだけ甘くてこってりしているとね。


● AYAちゃん「今日のはスペシャルバージョンですから。でも、やっぱり味にインパクトがないと食べた気がしないですよね」


 …………。


● AYAちゃん「(ケーキをパクパク食べながら)先生、私、看護師もいいけれど、調理師になってオーナーシェフを目指すのもいいかなって思っているんですよ。青山や原宿辺りに自分のお店を持って、セレブな人生を歩むのもいいかな、と考えたりして」


 それでまさか、家でいろいろな料理をこしらえているとか。


● AYAちゃん「よくわかりましたね~。夕ご飯を食べてから、1人で創作料理の研究をしているんです。もうオリジナルのレシピも結構作ったんですよ」


 家族の分の夕ご飯は作らないんだ。


● AYAちゃん「お母さんがなぜか作らせてくれなくて」


 なんとなくわかるような気が…。


● AYAちゃん「でも、うちのお父さんはさすが舌が肥えてますね。私の創作料理の熱烈なファンといいますか。完食したあとのコメントがまた秀逸なんですよ」


 たとえば、どんなコメントなの?


● AYAちゃん「そうですね。豚の脂身だけで作ったカツ丼のときは、『脂身のトロトロ祭りや~』って、口の周りをアブラだらけにして喜んでいましたよ。ハンバーグのてんぷらのときは、『肉と油の合コンや~』って一口でペロリですね。それから、明太子のフライのときは、『口ん中がヒートアイランド現象や~』って、叫んだんですよ。もう最高のリアクションですよね~」


 お宅のお父さんは、グルメリポーターの彦麻呂かい。


● AYAちゃん「そうです、そうです。最近、顔が彦麻呂に似てきたような。今日はどんなコメントが飛び出すかと期待して腕を振るうんですけど」


 ほかの家族は試食してくれないの?


● AYAちゃん「お母さんは夕ご飯を食べたあとでお腹が一杯だからいらないって言うんです。兄貴は、私が料理を作ると、なぜか自分の部屋に閉じこもって鍵をかけちゃうし。やっぱり反抗期なんですかね」


 さっきから黙って聞いてれば…。いい加減、気づきなさいよ。毎晩、こんなカロリーの高い料理を作って寝る前のお父さんに食べさせているの?


● AYAちゃん「ええ、最近お父さんはお疲れみたいだから、栄養をつけて幸せな気分でゆっくり寝てもらおうと思って」


 AYAちゃんのお父さんが最近太って、血糖値が上がった原因がわかったよ。さっきのカロリー表から、なっちゃんが作った夜食が抜けてるじゃない。しかも、寝る前に食べるのがもっとも体脂肪を溜め込みやすいんだよ。


● AYAちゃん「(ガーン)ショック。そうか、私が作った料理を忘れてました。どうしよう。最初はちょっと試食をしてもらってただけなんです。あんまりお父さんのリアクションが面白いもんだから」


 それにしても、豚の脂身だけのカツ丼に、ハンバーグのてんぷら、そして明太子のフライかい。よくこんなカロリーの高い料理が思いつくね。


● AYAちゃん「(落ち込むなっちゃん)世界中の人たちに元気を出してもらおうと思っただけなんですけど…。このままだとお父さんは、私のせいで糖尿病になっちゃうんですか?


 寝る前に、こんだけカロリーが高いものを食べる人は珍しいと思うよ。


● AYAちゃん「責任を感じます。先生、この前、インリン様じゃなかったインスリンがどうとか仰ってましたよね。インスリンが発見されてから重度の糖尿病患者の命が救われるようになったって。インスリンと糖尿病は、どういう関係にあるのですか?」


 やっと話を聞く気になったみたいだね。その関係がそもそも糖尿病とは何か、という話題に繋がって行くんだよ。


( 次回はいつになるかわかりませんが、一応続く予定です )

Banner2_8 ← ブログ存続にご協力をお願いします。

|

« 横浜市・市ヶ尾の古墳~川崎市・王禅寺 ウォーキングストーリー | トップページ | 東京スカイツリー、お化け地蔵、隅田川沿いの名所 ウォーキングストーリー »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97372/48743106

この記事へのトラックバック一覧です: ゴキブリハンター・ビジベン with 一日の適正エネルギー量って、何? ~ 医師と女子高生の会話から ~ :

» 糖尿病の最新治療!血糖値を3日で下げる食事療法! [糖尿病の最新治療!血糖値を3日で下げる食事療法!]
糖尿病最新!インスリン注射や食事制限がいらない糖尿病の食事療法。血糖値を3日で下げる方法を教えます。 [続きを読む]

受信: 2010年7月27日 (火) 02時14分

« 横浜市・市ヶ尾の古墳~川崎市・王禅寺 ウォーキングストーリー | トップページ | 東京スカイツリー、お化け地蔵、隅田川沿いの名所 ウォーキングストーリー »