« 「竜馬伝」のお龍さんがいた神奈川宿と三ツ沢公園 ウォーキングストーリー | トップページ | 輝く!私が、読んで面白かった小説大賞 ノミネート作品発表! 2010年度 »

ビジベンは、何か持ってる?

 明けましておめでとうございます。

 昨年はお世話になり、どうもありがとうございました。

 本年もよろしくお願い申し上げます。


 箱根駅伝、すごかったですね~。

 個人的には、うれしいのと、うれしくないのが重なって複雑な心境です。トップとピリのコラボなんて、オイラの浮き沈みの激しい人生を象徴しているような。


 ところで、御無沙汰いたしまして申し訳ございません。

 とくに体調が悪いわけでも、精神に支障をきたしているわけでもないのですが、ブログ更新のさぼり最長記録を更新してしまいました。

 年末にかけて、毎日仕事で気持ち悪くなるくらい文章を書いていたのですね~。

 ブログで長文を書く余力が残っていなかったと言いますか…。

 プロの作家など、毎日、小説を書きながらブログを更新したりしている人もいるので言い訳にはなりませんけど。

 その意味でも、才能の限界を感じる今日この頃。


 それはともかく、年の初めに当たってひと言、言わせて下さい。

 ビジベンは、これまで何か持ってる、と言われ続けてきました。

 それが何なのか、去年の年末、確信いたしました。




 それは…。



リサイクルショップの商品に、ぴったりフィットする体型」です。


 
 先日、何気にリサイクルショップを覗いてみたんですよ。

 ユニクロのハードユーザーとしては、リサイクルショップはあまり興味がなかったのです。

 男性の場合、古着というと、どうしてもオヤジが使い古した洋服が並んでいるような気がして…。

 ところが、古着や履き古した靴ももちろんありましたが、結構、新品も並んでいるのです。

 どう見ても、一度も使われた形跡がない。

 お店の人に聞くと、通販やバーゲンで買ってはみたものの、サイズが合わなくて返品するのも面倒だから、リサイクルショップに持ち込む人が多いのだとか。

 ためし履きや試着しないで買ってしまうのですな。

 サイズが合わなくて売られた商品を試着してみると、なんと全部オイラの体型にぴったり合うのです。

 たとえば、ミチコロンドンというブランドのシャツ。

 サイズはLなのですが、ユニクロで言ったら、LとMの中間くらいの大きさでしょうか。

 これでは、身長180センチの人がLサイズということで買えばちょっと小さい。

 逆にアメリカのTシャツだとMサイズが日本人のLサイズより大きいということもあるらしいのです。

 私事で恐縮ですが、オイラは、ユニクロのLだとゆったり、Mだとちょっとぴったりめで、どちらも自然に着られるのですね~。

 ちなみに、175センチで67キロという日本人の標準よりちょっぴり大きいという中途半端な体型。

 もしかして、リサイクルショップに並ぶ服や靴を買うために、オイラは生まれてきたのではないか。

 …ということで、その新品をなんと800円でゲッツ。

 よく見ると、そばにどう見ても新品に見えるエドウィンのジーンズが…。

 それもなんと800円っすか。

 専門店で買うと、8000円はしますよ、これは。

 圧巻は、アディダスのウォーキングシューズ。

 うひょー、12800円の商品が1800円ですと。

 しかも、靴底に埃すらついてないっす。

 こうなると、なんでも鑑定団の鑑定士になった気分で店内を物色します。

 そして発掘したのが、英国有名ブランドのコート。

 500円で売っているのですが、これはどう見ても10万円以上するのではないか。

 それで即購入したのでした。

 家に戻ってよくよく見れば、裾のところに虫に食われた後が…。

 直径5ミリくらいの穴が2つばかり開いていて、下地の白透けて見えて結構目立つのです。

 にゃるほど、だから500円なのですな。

 少しもあわてず、オイラはその穴をマジックで黒く塗りつぶしました。

 すると、まったく目立ちませぬ。


 うう、オイラもこれで有名ブランドコートのオーナーじゃ。

 得意になって、これらのブランド品を着ていると、最近、ビジベンは金回りがよくなったのではないか、という噂が立ち始めたのです。

 なかには、金に困って何か悪事を働いているのではないか、という悪い噂も。

 リサイクルショップで1万円くらい使っただけなのに…。


 警察に通報されてはたまらないと、リサイクルショップの場所をやっかむ輩たちに教えたのでした。

 男性の商品は女性に比べ少ないから、あまり他の人には教えたくなかったのですが。

 でも、君らの堂々たる体型では、そのリサイクルショップの服には合わないだろうという優越感もありました。

 ところが、オイラの話を聞いてその店へ行き、儲かったと大喜びで電話してきた人間がいるのです。

 なんでも、純金のカフスが500円で売っていたとか。

 金が高騰している今だったら、4~5万はするらしい。

 貧乏人のオイラでは、金の価値なんてわかりませんからね。

 お金が貯まらないわけだと思いました。

 それにしても、そのリサイクルシッョプ。

 いくら脱サラで始めたとはいえ、そんな商売していたら、近いうちに倒産かも。
 
 倒産しないうちに、もっとお宝をゲットしようと日参するビジベンでありました。

Banner2_8 ← ブログ存続にご協力をお願いします。

|

« 「竜馬伝」のお龍さんがいた神奈川宿と三ツ沢公園 ウォーキングストーリー | トップページ | 輝く!私が、読んで面白かった小説大賞 ノミネート作品発表! 2010年度 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97372/50482696

この記事へのトラックバック一覧です: ビジベンは、何か持ってる?:

« 「竜馬伝」のお龍さんがいた神奈川宿と三ツ沢公園 ウォーキングストーリー | トップページ | 輝く!私が、読んで面白かった小説大賞 ノミネート作品発表! 2010年度 »