« パソコンのデータが消滅? by ワイルドビジちゃん | トップページ | 平清盛と新・平家物語2 ~ワイルド清ちゃん、政子ちゃんとエレガント頼ちゃん~ »

平清盛と新・平家物語

 

 

 昨日の猛暑日は、37,724歩も歩いちゃったぜぇ。

 

 しかも、そのうちの500歩は、スズメバチに追いかけられての全力疾走だぜぃ。

 

 どう? ワイルドだろう?

 

なんて…。

 

 

 ご無沙汰いたしております。

 

 完璧に、このままブログは終了か、とあきらめかけたのですが、何とか徳俵に足がかかった状態で更新です。

 

 毎日、仕事で文章を書いているのですけど、さぼっているうちにブログの書き方と更新の仕方を忘れてしまったようで…。

 

 このままでは、オリンピックの四年に一回の頻度になってしまうかも。

 

 炎天下4万歩近く歩くより、ブログを更新するほうが、ハードルが高いと感じる今日この頃です。

 

 

 それはさておき、本日はNHKの大河ドラマの話題から。

 

 平清盛は、視聴率の低さがずっと話題になっているようですな。

 

 でも、日本史好きとしては毎週日曜日の午後8時は見ないわけにはまいりませぬ。

 

 …と言いたいところですが、先週は警察のドキュメンタリー番組を見てしまいました。

 

 清盛が半分以上過ぎたところから見たときは、なぜか罪の意識を覚えたりして。

 

 大河ドラマは、今放映中の平清盛で、なんと51作目なのですか。

 

 まさにオイラの人生とともに存在しているといっても過言ではない。

 

 ただ、子供の頃に放映されていた作品はさすがに記憶に残っておりませぬ。

 

 第一作の「花の生涯」はもちろん第六作の「竜馬がゆく」もまったくリアルでは覚えていないですね。

 

 覚えているのは、第七作の石坂浩二主演「天と地と」からです。

 

 そのわけは、上杉謙信の幼少期を演じた子役と同じ年頃だったオイラがよく比べられたからですが…。

 

 テレビの子は、すごいしっかりしていると。それなのにあんたは…。

 

 

 それはともかく、半世紀近くも見続けているので、ここで途切れるわけにはいかないのです。

 

 大河ドラマのタニマチは、おそらくオイラやその上の世代が多いのだと思います。

 

 すると、どうしても比べてしまうのが、仲代達矢が主演した大河ドラマ「新・平家物語」。

 

 大河ドラマの第一期黄金期と言ってもいいでしょうか。

 

 当時の仲代達矢は、黒沢映画にも出演した大俳優。やたら存在感があると思ったら、そのとき40歳だったのですか。

 

 豪華絢爛たるセットとオールスターキャストで、高度成長の日本の勢いを感じるドラマだと感じました。

 

 同じ人物をテーマにしているので、いけないと思いつつも現在の「平清盛」と比べてしまう。

 

 松山ケンイチはまだ若いから、当時の仲代達矢と比べたらかわいそう。でも、脇を固める俳優が「新・平家物語」はすごすぎる。

 

 ちみなに、清盛の妻の時子が中村玉緒。時忠が山崎努、後白河法皇が滝沢修。フカキョンに関しては、清盛のほうがいいかも。

 

 主な配役をネットからコピーして貼り付けますと…。

 

阿部麻鳥/緒形拳

蓬子/和泉雅子

朱鼻ノ伴卜/藤田まこと

源頼朝/岡村清太郎(現・7清元延寿太夫)高橋幸治

後白河法皇/滝沢修

平忠盛/17中村勘三郎

祇園女御(泰子)澪之禅尼/新珠三千代

崇徳院/田村正和

待賢門院/久我美子

有子池ノ禅尼/1水谷八重子

源義朝/木村功

木曾冠者義仲/林与一

藤原忠実/森雅之

牛若源義経/志垣太郎

信西入道/小沢栄太郎

常盤御前/若尾文子

高倉帝/片岡孝夫(現・15片岡仁左衛門)

徳子建礼門院/山添三千代(現・香川三千)佐久間良子

以仁王/北大路欣也

北条政子/栗原小巻

(平)重盛/原田大二郎

美福門院/小山明子

藤原頼長/成田三樹夫

(平)敦盛/5中村勘九郎(現・18中村勘三郎)

兵庫頭頼政源三位頼政/芦田伸介

(平)頼盛/岡浩也山本學

巴御前/古城都

伎王/波乃久里子

(源)八郎為朝/伊吹吾郎

北条時政/加東大介

平滋子/村松英子

遠藤盛遠文覚/近藤洋介

帥の局/真屋順子

(平)忠度/中尾彬

熊谷次郎直実/岡田英次

(平)宗盛/勝呂誉

鳥羽僧正/中村伸郎

金王丸小若/平野康

(平)経盛/郷ひろみ古谷一行

弁慶/佐藤允

北条義時/西田敏行

 

 

 今から考えたら、すごいなんてもんじゃない配役ですね。どれも主役級の出演者ばかり。しかも、キャスティングが絶妙。

 

 当然、出演料もすごかったのでしょう。今のNHKの財政状態では不可能かもしれませぬ。

 

 頼朝が高橋幸治、後白河法皇が滝沢修、信西入道の小沢栄太郎、為朝が伊吹吾郎なんて、まさにイメージぴったし。

 

 若き日の西田敏行も端役で出ていたのですね。

 

 藤田まことは、当時からてなもんや三度笠で有名でしたが、大河ドラマに出演すると聞いたとき、子供ながらに不満だった記憶があります。

 

 なんで、コメディアンが大河ドラマに出るのかと…。

 

 当時の有名人でも、大河に出るにはイメージが優先されたような。

 

 この場を借りて、お詫びさせていただきます。

 

 

 昔はよかったって言いたくはないけれど、それでも、現在の「平清盛」の平氏の面々はちょっと若過ぎて軽量過ぎるような。

 

 しかも、まず出演者ありき、で、キャスティングが後回しにされているような気がします。

 

 オイラのまわりの歴史好きに聞いてみても、あのシーンは史実ではありえないだの、あんなかわいい顔したイケメンばかりで歴史が成り立つのか、などの声で満ち溢れておりまする。

 

 確かに、「新・平家物語」のキャストと比較すると、「平清盛」のイケメン率は突出しているような。

 

 確かに、「新・平家物語」にも、郷ひろみや志垣太郎のような当時の若輩イケメンが起用されています。しかし、添え花的なイメージは払しょくできない。

 

 ストーリーの本筋にぴったりしたキャスティングの実力派俳優を「新平家」は採用していますな。

 

 今から40年前に見たドラマなので、ディテールは記憶に残っていません。でも、今でも脳裏に焼き付いて離れないのが、スキンヘッドの清盛の目を見開いた鬼気迫る表情。いつも御簾の陰に隠れて、暗黒街の黒幕的貫録を漂わせる後白河法皇。

 

 そして、端役なのに、まとわりつくような存在感を発揮した中尾彬の平薩摩守忠度。

 

 物語のシチュエーションは忘れても、あの表情は脳みそに焼き付けられてしまったみたい。

 

 話題になる大河ドラマって、脇役の個性が光っていますね。

 

 たとえば、黄金の日々の川谷拓三と根津甚八、おんな太閤記の滝田栄みたいな。

 

 平清盛でいったら、阿部サダヲかと思うのですが、脇役の個性が光るのはまわりに彼を上回る存在感をもった俳優が必要かも。

 

 

 そう考えると、清盛を演じる松山ケンイチのキャスティングは気の毒だと感じます。

 

 あの爽やかな笑顔から、清盛をイメージしろと言われても難しいっす。

 

 たとえば、篤姫の時代背景や人物像はよくわからないから、主人公が突飛な行動に出ても納得してしまう部分はありました。

 

 薩摩の家臣、調所広郷のところへ篤姫が訪ねて行っても、まあいいや、みたいな。

 

 でも、「江〜姫たちの戦国〜」で、江がタメ口で織田信長に文句を言いに行くシーンはちょっと勘弁してよ、的な部分はありますね。

 

 

 同じように、平清盛は歴史好きにとって、ホントか嘘かは別にして、イメージが作られてしまっている人物です。

 

 織田信長を温厚で腰の低い人物に、あるいは徳川家康をスリムで気の短い人物に描いて違和感を覚えるような感じも無きにしも非ず。

 

 松山ケンイチは、体制の中でのし上がり、栄耀栄華を極めるよりは、体制の枠の外で個性を発揮した人物を演じればもっと光輝いたかもしれないと感じる今日この頃。

 

 

 …ということで、ケンイチ君が演じるなら、誰がいいですかね。

 

 視聴率を取りに行くなら、戦国から江戸時代の快男子前田慶次郎とか。

 

 個人的には、司馬作品が好きなので、「尻食らえ孫市」の雑賀孫市を演じてほしいです。

 

 「夏草の賦」の長宗我部元親は、若き日の渡辺謙が演じた伊達政宗をイメージさせてお勧めですが…。

 

 戦国時代はマンネリと言うなら、「北斗の人」の千葉周作はどうでしょう。

 

 どうしても平安と言うなら、同じ平氏の平将門のほうがイメージに近かった。

 

 

 それはともかく、さんざん持ち上げた「新・平家物語」ですが、最初の頃の評判は「平清盛」と同じくらい芳しくなかったのですよ。

 

 もう手遅れかもしれませんが、次回は「平清盛」のテコ入れ策について考えてみたいと思いまする。

 

 更新はいつになるかわかりませんけど。

Banner2_8 ← ブログ存続にご協力をお願いします。

|

« パソコンのデータが消滅? by ワイルドビジちゃん | トップページ | 平清盛と新・平家物語2 ~ワイルド清ちゃん、政子ちゃんとエレガント頼ちゃん~ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97372/55548968

この記事へのトラックバック一覧です: 平清盛と新・平家物語:

« パソコンのデータが消滅? by ワイルドビジちゃん | トップページ | 平清盛と新・平家物語2 ~ワイルド清ちゃん、政子ちゃんとエレガント頼ちゃん~ »