« 一枚のコピー紙が新規開拓を変える! by「新規開拓営業の教科書」青月社刊 | トップページ | 電子書籍がやってきた With  「新規開拓営業の教科書」スピンオフ企画 »

テニス肘と川柳の深い関係

 こんばんは。

 ご無沙汰いたしております。

 前回、ブログを更新してから、なんとテニス肘になってしまいました。

 テニスと言っても、オイラがそんなおしゃれなスポーツをしたわけではございませぬ。

 正式には、上腕骨外側上顆炎または上腕骨内側上顆炎というらしいのですが、パソコンのマウス操作でも、テニス肘になってしまうのですね~。

テニス肘になったのは1か月以上前。

 パソコンでデータを消去する必要があって、同じ姿勢のまま1時間で1000回以上クリックしたのです。

 夢中で仕事をしていて、気が付いたら肘がオーバーヒートしていました。

 そのあとは、右手でモノが持てなくなるし、パソコンでキーを叩くときも激痛が走って、もう大変でしたね。

 握力が落ちるので、オイラの得意技のアイアンクローが使えなくなるし…。

 おかげさまで大分良くなったのですが、それでもモノを掴もうとするとグキッと肘が痛みまする。

 整形外科医院に勤めた経験から言うと、一度テニス肘になるとなかなか治りませぬ。

 電気治療とか、鍼とかも効くらしいですけど、やはり安静にして炎症を抑えるのが一番良いようで…。

 …と言うことで、しばらく肘を休ませるために、長時間パソコンを使用しないことにしました。

 そのためには、長文を書くのではなく、短い文章で相手に意思を伝えられるようにする必要があります。

 その訓練をすることが大切ではないか、と。


 短い文章といえば、日本古来の短歌や俳句、川柳があるではないですか。

 そこで、たまたま目についたネットの川柳コンテストに応募したのです。


 そしたら、生まれてはじめて作った川柳が、入選しましたぁぁぁぁぁぁ~



 応募総数1707件のうちの入選作30件に入ったって、ホントっすか。

 しかも、メルマガではその中の一部当選作の10作品にも選ばれているし。

 ちなみに、入選発表のページはこれです。

 どれがオイラの作品か、わかりますか?


 それにしても、すごいビギナーズラック!!!


 豚もおだてりゃじゃないですが、このままほっておくと、宗匠頭巾をかぶって、松尾芭蕉のように奥の細道へ出かけてしまうかも。

 でも、俳句と川柳の違いも判らないド素人なのでした。

 たった17文字をひねり出すのに、30分も七転八倒しましたし。

|

« 一枚のコピー紙が新規開拓を変える! by「新規開拓営業の教科書」青月社刊 | トップページ | 電子書籍がやってきた With  「新規開拓営業の教科書」スピンオフ企画 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97372/57570428

この記事へのトラックバック一覧です: テニス肘と川柳の深い関係:

« 一枚のコピー紙が新規開拓を変える! by「新規開拓営業の教科書」青月社刊 | トップページ | 電子書籍がやってきた With  「新規開拓営業の教科書」スピンオフ企画 »