« 元銀行員が見た「半沢直樹」考 2 出向編 | トップページ

自己紹介チラシを一緒に作ろうセミナーのご案内

こんにちは。

 
 平成252月に出版させていただきました、場所、業種を選ばず、どんな人でも成功する「新規開拓営業の教科書」( 永嶋信晴著 青月社刊 )

Photo_3

 

 おかげさまで、好評をいただきまして感謝しております。

その際、数多くの読者の方から、この本の最大のノウハウ「自己紹介チラシ」を作ってほしいという依頼をいただきました。

ちなみに自己紹介チラシとは、人と会うことが苦手でも、営業が不得意でも、お金をかけなくても、あなたの商品やサービスに興味を持つお客さんを見つけられる魔法のチラシです。

 本をお読みいただいた方はおわかりかと思いますが、「自己紹介チラシ」はコアな会社や商品、ご担当者の情報を盛り込む関係上、他人が作るにはかなりの時間が必要になります。

 また、ご自分でチラシを作るからこそ、お客さんの受けも良くなって成果が向上するという特徴があります。

そこで今回、「自己紹介チラシ」を実際に作るセミナーを企画させていただきました。

ワークショップ形式で、あなたの売りたい商品やサービスにマッチした自己紹介チラシを一緒に作ります。

 お客さんに会う前から「ヒトを売る」テクニックで、あなたも自分の可能性を劇的に広げてみませんか?

<セミナーの内容> 

1.なぜ飛び込みやテレアポではなくチラシなのか

 チラシはお客さんのほうからアプローチしてもらう最短の方法

 チラシのレスポンスは、見た目とは無関係

 チラシは一秒で興味を引かなくては、即ゴミ箱行き

2.実際にチラシを作ってみよう 

 業務内容や商品内容は、お客さんが買う理由を徹底的に考え抜く

・お客さんが買う理由をどれだけ思いつけるか

・売込みよりも、一歩引いた情報提供を

・最強の武器である数字は、もっともシンプルに見せる

・レスポンスを高めるための書き方の注意点

 メインタイトルは、意表をつき、一瞬でお客さんの注意を引く

・チラシのメインタイトルは、組み合わせがカギ

 サブタイトルで、注意から興味へとお客さんの意識を変化させる

・値引き、キャンペーン、限定品などの興味を引くフレーズを

・値引きをするなら理由を示す

 中小企業は、会社概要で信用力をアップさせる工夫を

・売込みの言葉を省き、事実だけを記載

 代表者、担当者の略歴は、購入を阻む最大のカベを打ち破る

・自己紹介チラシのコンセプトは「履歴書」

・誰もが納得する実績の記載テクニック

・もしチラシに書くべき経験や実績に困ったら

 顔のイラストは人間の本能に働きかける

・人は顔に反応する

3.一度作れば何年も効果が持続する自己紹介チラシ活用法

 自信と誇りを持って、堂々とチラシを配ろう

 飛び込み訪問の優秀なパートナーとして活用する

 チラシはアポをとるキッカケに過ぎないことを忘れない

出張セミナー致します。

<セミナー料金>

受講者9名以下  2時間 30,000円~ +交通費実費

受講生10名以上  2時間 50,000円~ +交通費実費

 テキストとして参加者全員、「新規開拓営業の教科書」(青月社刊)をご購入いただいた場合、セミナー料金は以下の金額に割引させていただきます。

受講者9名以下  2時間 20,000円~ +交通費実費

受講生10名以上 2時間 40,000円~ +交通費実費

お問い合わせ先はこちら

永嶋信晴

メールアドレス nagatoraman@nifty.com

|

« 元銀行員が見た「半沢直樹」考 2 出向編 | トップページ

「ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97372/58574725

この記事へのトラックバック一覧です: 自己紹介チラシを一緒に作ろうセミナーのご案内:

« 元銀行員が見た「半沢直樹」考 2 出向編 | トップページ